ZX-10Rでリコールの届出。最悪時は車両火災の恐れあり

access_time create folder生活・趣味
ZX-10Rでリコールの届出。最悪時は車両火災の恐れあり


ZX-10RシリーズのECUの一部に不具合あり。オーナーは即時チェックを!

5月27日、川崎重工は国土交通省に対し、Ninja ZX-10RシリーズのECUに不具合があるとし、リコールの届け出を行なったと発表。

対象車両はNinja ZX-10R、Ninja ZX-10RR、Ninja ZX-10R SEの3車種。

上記3車種はECUの燃料噴射制御プログラムが不適切なため、エンジン高負荷領域でクイックシフターを使用してシフトアップした場合、排気通路内で大きな燃焼が発生することがあるという内容。その結果、二次エアバルブ(エアサクションバルブ)に高い圧力がかかり、当該バルブが変形・損傷し、当該バルブから逆流した高温の排気ガスにより周辺部品が溶損し、最悪の場合、火災に至るおそれがあると川崎重工は説明している。

改善措置として当該車両は全車両、燃料噴射制御プログラムを対策プログラムに書き替えを実施。また、エアサクションバルブを新品に交換するとともに、周辺部品を点検し、損傷が認められるものは新品に交換する。

リコール対象車両は車体番号がZXT02E-001490からZXT02E-005782まで。製造されたのは平成31年1月21日~令和2年3月19日となっている。リコール台数は994台だ。

詳細については川崎重工のウェブサイト、及び国土交通省の報道発表資料をご確認いただきたい。

川崎重工 リコール情報:Ninja ZX-10R (2020年5月27日届出)

国土交通省 リコールの届出について(カワサキ Ninja ZX-10R 他)

CONTACT

問い合わせ先
カワサキモータースジャパンお客様相談室
電話番号
0120-400819 ※月〜金曜 9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝日、当社休日を除く)
URL
https://www.kawasaki-motors.com/mc/

関連記事リンク(外部サイト)

防水で耐久性◎コンパクトで多機能な“クシタニ”のウエストバッグ
足つき向上、デザイン性も抜群!“WILDWING”のクールなライディングブーツ“イーグル”
キムコジャパンは製品保証期間を8月末まで延長

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧