1979年頃、ピンク・レディーが急に売れなくなった理由とは?

access_time create folderエンタメ
1979年頃、ピンク・レディーが急に売れなくなった理由とは?

70年代を代表するアイドルユニット「ピンク・レディー」。1976年から1978年にかけて社会現象となった二人ですが、1979年頃から人気が急降下したのを覚えていますでしょうか?この記事では、その理由について検証してみたいと思います。

流行は「3年周期」

まず指摘されているのは「流行は3年周期」であるという点。これはピンク・レディーに限らず一般論として言われていることで、「どんな流行でも鮮度が落ちることで3年程度で落ち着く傾向がある」という意味です。ピンク・レディーの場合、デビュー曲「ペッパー警部」を発表したのが1976年8月のことであり、オリコンでの連続1位記録が途切れた「ジパング」を発表したのが1979年3月であることから、流行していた期間はおおよそ2年半であると言えます。
 (2193951)

 

 

1976年8月に発表したデビューシングル「ペッパー警部」

出典 www.amazon.co.jp

 

 (2193952)

1978年12月に発表した、オリコンで1位を獲得した最後のシングル「カメレオン・アーミー」

出典 www.amazon.co.jp

ブームを支えていたのが子供だった。

その大人っぽい印象から、ピンク・レディーの人気を支えていたのは当時の青年層と思われるかもしれませんが、実際は必ずしもそうではなく、子供の存在が相当大きかったと言われています。当時の小学校や幼稚園では、ピンク・レディーの振り付けを真似する子供が続出しており、子供向けの人形やおもちゃが多数企画され、販売されていました。
 (2193954)

こちらはピンク・レディーの「おしゃれ人形」

出典 page.auctions.yahoo.co.jp

そしてこの「子供」ですが、飽きっぽいのが大きな特徴です。これは80年代のキン消しやビックリマンなどでも見られた現象ですが、あるタイミングで急速に流行が収束し、それ以降は「その流行はもうダサい」と言われ、いまだに夢中になっているのが恥ずかしいこととして認知されるようになります。一度そうなってしまうと子供からの人気の回復は難しく、そのまま廃れていくこととなります。
 (2193955)

 

 

こちらはピンク・レディーの「ママミシン」

出典 page.auctions.yahoo.co.jp

1978年の紅白出場を辞退。

1978年の紅白歌合戦への出場を辞退したのが、大きな潮目と指摘されることもあります。これは日本テレビで放送された紅白の裏番組「ピンク・レディー 汗と涙の大晦日150分!!」に出演するためで、障害児へのチャリティー番組という側面もあったのですが、当時の紅白の権威は絶大であり、それを辞退するというのは当時の芸能界の常識からすると異例中の異例でした。

こちらは当時の番組表。文字が小さく見づらいですが、ピンク・レディーの裏番組が紅白と完全に被っています。そしてこの裏番組ですが、視聴率は8.2%と惨敗(紅白の視聴率は72.2%)。完全に裏目に出る形となり、マスコミからも辞退についてバッシングを受けることとなってしまいました。そして、1979年3月に発表したシングル「ジパング」はオリコン最高位4位と、「S.O.S」以来9作連続で獲得していたオリコン1位記録が途切れることとなります。以降、ピンク・レディーのシングルがオリコンで1位を獲得することはありませんでした。
Amazon | ピンク・レディー 「 ジパング/事件が起きたらベルが鳴る 」【EP】 | ピンク・レディー | ミュージック | 音楽 (2193956)

 

 

オリコン最高位4位に終わった「ジパング」

出典 www.amazon.co.jp

アメリカ進出が裏目に。

さらに極めつけと言われるのが「アメリカ進出」です。これはデビュー当初からピンク・レディーが目標としていた「世界で通用するスターになる」という一環で行われたもので、1978年4月にはラスベガスで公演を行い、ワーナー・ブラザーズと契約。同年5月にはシングル「キッス・イン・ザ・ダーク」が発表され、全米ビルボードHot100で37位にランクインするなど、一定の成功を納めます。

CBSで放送された「Leif Garrett Show」出演時の映像。

Kiss In The Dark – Pink Lady

出典 www.youtube.com

ビルボードで40位以内にランクイン(これは坂本九「上を向いて歩こう」以来2例目)した「キッス・イン・ザ・ダーク」ですが、日本のオリコンでは最高位19位と、それまで維持してきたトップ10すら獲得することが出来ませんでした。これは、今まで発表してきた子供も親しめる楽曲群とは一線を画した、本格的なディスコ・ミュージックであったためであり、この時点で子供の間での流行は一気に収束したと思われます。
 (2193957)

オリコン最高位19位に留まった「キッス・イン・ザ・ダーク」

出典 www.amazon.co.jp

そして「キッス・イン・ザ・ダーク」以降は衰退が顕著となり、1980年発表のシングル「リメンバー」はオリコン最高位86位(売上1.0万枚)、1981年発表のシングル「ラスト・プリテンダー」はオリコン最高位85位(売上0.8万枚)と、「渚のシンドバッド」「ウォンテッド」「UFO」などミリオンセラーを連発していた時代には考えられない水準まで売上が落ち込みました。
 (2194473)

オリコン最高位85位に留まった「ラスト・プリテンダー」

出典 www.amazon.co.jp

そうした経緯もあり、ピンク・レディーは1980年9月に解散を発表。翌1981年3月の後楽園球場でのコンサートをもって活動を終了することとなりました。なお、この解散コンサートの当日は雨が降る悪天候であり、空席が目立つという寂しいものであったというのが今でも語り継がれています。

解散コンサートの貴重な映像!

ピンク・レデイー ラストコンサート「Kiss in The Dark」「OH!」

出典 www.youtube.com

なお解散後のミーとケイの二人ですが、それぞれ女優やタレントとしてソロ活動を展開。再結成という形でピンク・レディーとして活動することもあります。2017年および2018年には、TBSで放送された日本レコード大賞で「UFO」などの往年のヒット曲のメドレーを披露したのは記憶に新しいところです。現在も芸能界で活躍を続ける二人。今後もピンク・レディーにまつわる話題を振りまいて欲しいものです!

往年の名曲を振り返りたくなった方はこちらで!

Amazon | ゴールデン☆ベスト ピンク・レディー~コンプリート・シングル・コレクション | ピンク・レディー | J-POP | 音楽 (2195964)

出典 amzn.to

Amazon | ゴールデン☆ベスト ピンク・レディー~コンプリート・シングル・コレクション | ピンク・レディー | J-POP | 音楽

¥2,829 販売サイトへ


関連記事リンク(外部サイト)

フォークデュオの19(ジューク)解散から18年、岡平健治は現在、資産家になっていた!!
あだち充が描くSF時代劇「虹色とうがらし」を覚えている?
鈴木保奈美と言えば「カ~ンチ」?いえいえデキる女が似合うんです!SUITSの原点ここにアリ!

access_time create folderエンタメ
local_offer
ミドルエッジ

ミドルエッジ

「Middle Edge」は1980~90年代に青春を過ごしたオトナの為の、懐かしいテレビ・音楽 ・スポーツ・マンガなどの情報を中心にしたエンターテインメントメディアです。もう一度見たい、聴きたい、知りたい。「記憶をくすぐる」大人のWebメディア。

ウェブサイト: https://middle-edge.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧