FES☆TIVE:【インタビュー】新メンバー、八木ひなた 加入後初インタビュー! FES☆TIVE加入の経緯と想いを語る “このFES☆TIVE新体制が、アイドル業界をもっと盛り上げていける”

access_time create folderエンタメ

FES☆TIVE:【インタビュー】新メンバー、八木ひなた 加入後初インタビュー! FES☆TIVE加入の経緯と想いを語る “このFES☆TIVE新体制が、アイドル業界をもっと盛り上げていける”

”お祭り系アイドル”グループのFES☆TIVEが、2020年5月24日に驚きのニュースを発表した。八木ひなたが、FES☆TIVE新メンバーとして加入。この発表に、多くの人々から歓喜の声が上がった。発表ツイートのリプ欄には、「これからのアイドル業界の希望だ!」と書かれるほど。FES☆TIVEのファン、八木ひなたのファンは大いに盛り上がった。今回、この加入のニュースを聞き、FES☆TIVE新メンバー、八木ひなたにソロインタビューを敢行。加入の経緯やFES☆TIVEへの想いなど、訊いてみた。熱量の高いライブパフォーマンスを展開し、多くのファンから愛されてきたFES☆TIVEに、新しく素晴らしい要素が加わった。これからも、この新しいFES☆TIVEが、更にアイドル業界をヒートアップさせていく。

(取材・文:石山 喜将)

ーーまずは自己紹介をしていただけますか?

八木ひなた(以下、八木):2000年11月10日生まれ、19歳の八木ひなたです。血液型はA型で、さそり座です。趣味は、アイドルさんが好きで、可愛い子を探すことです。特技は、激辛料理を食べることが得意ですね。わさびより、唐辛子の辛さが好きなんですよ。

ーーじゃあラーメン中本はお好きですか?

八木:好きですね。あとは、赤からで10辛を食べたことあるほど、辛い料理は好きですね。でもわさびとからしだけは全く食べられないです(笑)。

ーー確かにちょっと辛さのタイプが違いますからね。

八木:そうなんです〜。あと、もう1つ特技があって、勉強はあまりできないのですが、人を覚える力だけはあるみたいなんです。認知が得意ですね。昔、ファンの方の顔を全然覚えられなくて悩んでた時期があったんです。まだデビューしたばかりの頃でしたね。
その時に、「どうしたら良いんだろう?」と思って考えたこととして、特典会に来てもらった方のTwitterの名前を、毎回ノートにまとめてたんですよ。それをしていくうちに覚える力が自然と付きました。

ーーすごいエピソードですね!努力の結果が特技に結び付いたんですね! 話は変わり、5/24にFES☆TIVEへの加入が発表されました。驚いた方が多くいたと思います。そして同時に歓喜の声も上がっていました。そもそも八木さんは、FES☆TIVEにどのようなイメージを抱いていましたか?

八木:私は元々、FES☆TIVEのライブがめちゃめちゃ好きだったんですよ。もちろん曲も好きでした。前のグループで、対バンイベントでご一緒する時があったのですが、その時のイベントでは、絶対にFES☆TIVEのライブを見ていたほどです。それほど元々好きでしたね。熱量のあるライブは本当にとても素敵だと思っていました。いつも元気をもらっていましたね。

ーーそうだったのですね。そんな大好きのFES☆TIVEに、八木さんが加入することになりました。グループ加入の経緯を教えていただけますか?

八木:加入の経緯ですが、昔から赤担当の瑠璃子(土光瑠璃子)と仲が良かったんですね。
それで、前のグループが解散するという話をしていて、色々相談してもらってたんですけど、その話の中で、FES☆TIVEについて聞いていたんです。実際のメンバーから話を聞いてみても、すごく良いなと思いましたし、そもそも自分がずっと好きなグループだったので、さらに魅力的に思えました。その後、FES☆TIVEから声をかけてもらい、加入するという形になりましたね。

ーーちなみに他のグループさんから声はかからなかったのですか?

八木:前のグループが解散を発表してから、声を掛けてもらったグループさんはいましたが、自分の中ではその時には既にFES☆TIVEに入りたいという気持ちで固まってたので、お断りましたね。

ーーなるほど。改めて、加入の決め手になったポイントを教えていただけますか?

八木:私は、ずっとアイドルをやっている中で、”叶えられなかった夢”があったからですね。正直、既存のグループに入ることって、不安じゃないですか。でも、仲の良い瑠璃子がいたし、FES☆TIVEとは顔見知りだったから、よく知っていましたし、メンバーを信用できると思ったことですかね。メンバーへの心配はなかったですね。好きなグループだったことも大きな理由の1つです。
あとは、ひなりちゃん(青葉ひなり)の生誕祭に行かせていただいた時にも、入りたいなと思うきっかけがありました。そもそも誕生日のお祝いなので、生誕祭って温かいイベントになるじゃないですか。だから、どれくらい温かい雰囲気になるだろうとFES☆TIVEのファンの方をじっくりと見ていたんです。状況で言えば、FES☆TIVEに入るかもしれない時ですね。そしてその生誕祭で、FES☆TIVEさんのファンの温かさをより感じたんですよね。グループも良くて、メンバーも良くて、ファンも良くて・・・。本当に最高の環境だと思ったことも理由として挙げられますね。

ーー確かに本当に温かいですよね。良いファンの集まりですし、気持ちの良い盛り上がり方をしますからね。では、”叶えたかった夢”というのは具体的にはなんでしょう?

八木:私は、大きい会場のステージに立ったことがないんです。例えば、TIFのメインステージに立つとか。それは叶えたいなと考えています。私の加入を発表した日、5/24は、マイナビBLITZ赤坂で、FES☆TIVEのツアー初日を迎える予定だったんですね。そこのステージが、私のFES☆TIVEとしてのデビューだったんですけど、できなくなってしまったんです。知っている方もいると思いますが、私が初めてアイドルとしてステージ立ち、デビューした会場がマイナビBLITZ赤坂だったんですよ。だから思い入れが結構あるんです。ただ、当時のことで言えば、単独でのライブではありませんでした。
今回はできなくて残念でしたが、マイナビBLITZ赤坂で単独ライブをすることは、前々からの夢だったんですよ。マイナビBLITZ赤坂もそうですが、単独で大きな会場のステージに立つことは、以前からの夢でした。だから昔では叶えられなかった夢を続きを、FES☆TIVEに加入したことで、叶えたいと思っています。

ーーそのようなことを考え、既存のグループに入ることには抵抗があったけど、夢を優先した。

八木:そうですね。

ーーただ、前グループが解散してからの次のステップは、かなり重要じゃないですか。

八木:それはすごく思います。

ーー難しい選択だったと思いますが、どのように考えたのですか?

八木:解散した後も、私は、アイドルをしたいという気持ちが残っていたんです。解散は、お互いの夢・目標のためにしましたが、自分から前のメンバーや周りの人に対しても「アイドルをやりたい」と言っていたんですよね。私の中では、FES☆TIVEに入ることは即決したと思っていますが、多分、自分の中のどこかでは悩んでいた気もします。ただ、そんな時、瑠璃子が背中を押してくれたんです。あとは、今までのアイドルグループ時代からずっと活動している、相方みたいな子がいるのですが、その子もめっちゃ背中を押してくれたんです。「FES☆TIVEは合っていると思うし、頑張って欲しい」と言ってくれて。2人から背中を押してもらったことで、勇気を持てるようになりましたし、この大事なステップもしっかりと決断することができたと思います。

ーーなるほど。色んな要素と、周りのアシストがあって、FES☆TIVEへの加入を決めたのですね。今後、どのような活動をしていきたいなど、何か願望があれば教えていただけますか?

八木:うーん、そうだなぁ。前グループの活動がYouTube寄りだったので、ライブ自体そこまでしてこなかったんです。でもFES☆TIVEはライブが結構多いと思うので、1つ1つのライブを大切にしていきたいと考えています。先ほどお話した通り、TIFでは、メインステージに立ちたいですね。
あとFES☆TIVEは、夏フェスなどフェス系のイベントにぴったりで、大きく盛り上がると思うので、そういうのも味わってみたいですね。
一番は、FES☆TIVEが、誰にでも知られている存在になりたいですね。今でもアイドル界では、結構知られていると思いますけど、更に知られるようになりたい。その先でアイドル業界をもっと盛り上げていきたいと考えています。

ーーそうですね。アイドル業界を盛り上げたいという気持ちは素晴らしいと思います。今の状況の中で、できないことや悲しいニュースが出てきている中で、八木さんがFES☆TIVEに加入したというニュースというのは、すごく反響がありましたよね。歓喜のコメントで溢れてた。「希望だ」というコメントも見ましたし、僕もそう思いました。だから今後の希望になると思っています。アイドル業界が盛り上げてくれることは、すごく嬉しいですし、楽しみです。

八木:ありがとうございます。

ーー具体的に、FES☆TIVEでの活動において、やりたいことを強いてあげるならなんでしょうか?

八木:FES☆TIVEで冠番組を持ちたいです。具体的に、ライブ以外だと冠番組を持ちたいと考えています。ライブで言えば、FES☆TIVEはまだZeppでのワンマンライブをやったことがないみたいなので、Zeppでのワンマンライブはやりたいですね。私、過去のアイドル活動で、どんなイベントでもZeppのステージには立ったことがないんですよ。

ーーその先で、Zepp以上の大きい会場でのライブですよね。

八木:やりたいですね。あとは野外の会場でも単独ライブをやってみたいですね。野外でのライブは私自身やったことないですし、FES☆TIVEにとっても野外のステージは似合いそうじゃないですか。外が似合うし、外で大きく盛り上がる様子を、ステージ上から見たいですね。大きな目標を挙げるなら、武道館に立つことですね。やっぱりアイドルやっている以上、武道館には立ちたいですよね。多分、アイドルなら誰もが志すと思いますけどね。

ーーそれは見たいです。だから大きいステージに立つことで、アイドル業界をもっと盛り上げたいんですね。

八木:そうですね。最近は、悲しいお知らせが多いですからね。そのようなことにならないためにも、アイドル業界自体を、FES☆TIVEから盛り上げていきたいです。

ーーですね。今度は逆に、八木さんの今までの経験の中で、FES☆TIVEにもたらす効果や貢献できることはなんだと思いますか?

八木:貢献できることですか。うーん、なんだろう・・・。YouTubeをやってきたので、その知識などは活かせかもしれないです。あとは、今までのアイドル活動をしてきた歴史があるから、名前だけは知っている方が結構多いと思います。ニュース性はあると思います。先ほどもお話した通り、加入のニュースは、結構反響があったので。

ーーそうですね。びっくりと同時に歓喜の声が上がっていましたからね。

八木:私も嬉しかったです。だからやっぱり、今までやってきた経験も含めて、みんなに見てもらいたいです。私に一回でも行ったことがある方や興味がある方には、「FES☆TIVEのライブもちょっと行ってみようかな」と思ってくれるきっかけになると思います。あとはtiktokを昔やっていて、前グループのフォロワー数が20万人くらいいたんですよ。SNSが強かったので、そういう要素でも貢献ができればと良いなと思います。ライブにも女の子を連れていきたいと考えています。前グループは元々、ライブが少なかったから、イベントに行くということがなかったけど、今後ライブができるようになったら、本数が多くなると思うので、今までの私のファンをどう連れて来れるかが課題ですね。これは私に関わることで、努力が必要なんじゃないかなと思いますね。

ーー面白いと思います。それまでのFES☆TIVEのライブの良さに、SNS系が強くなったら、グループ自体かなり盛り上がると思います。

八木:はい。色んな角度から頑張りたいと思いますね。

ーー期待しています。今後の八木さんの目標を教えていただけますか?

八木:今は難しい状況ではありますが、ライブできるようになったら、ちゃんとステージデビューをして、たくさんの人の前でお披露目したいですね。まずお披露目することが第一の目標です。

ーーお披露目でFES☆TIVEとして初めてステージに立った時、FES☆TIVEのメンバーとして、しっかりと融合できるようになりたいですよね。

八木:そうですね。あとは、新メンバーが私で良かったと思ってもらえるようにしたいですね。多分、FES☆TIVEに1人で加入することは、珍しいと思います。みんな、パフォーマンスが気になっていると思いますが、歌とダンスはそこまで得意じゃないので、お披露目までに磨いておきたいと考えています。『新メンバーだから』と言われないように、完璧なパフォーマンスをしたいです。

ーーFES☆TIVEは、パフォーマンスがすごいですからね。

八木:そうなんです。体力が持つか心配ですね。でもお披露目する時までには、しっかりとライブできるような体力を身に付けたいです。

ーーそうですね。楽しみにしております。最後にこの記事を読んでいる方に向けてメッセージ頂けますか?

八木:はい。新メンバーの八木ひなたです。まだこのような状況もあり、いつお披露目できるか分からない状況ではありますが、このFES☆TIVE新体制が、アイドル業界をもっと盛り上げていけると信じています。メンバーの一人として、私も全力で頑張らせていただきますので、これからの応援よろしくお願いします。会いにきてください。

◆FES☆TIVE 公式ホームページ

http://festive.rizepro.net/

◆FES☆TIVE 公式Twitter

@FESTIVEofficial

◆八木ひなた Twitter

@Hinata__FESTIVE


関連記事リンク(外部サイト)

上月せれな:【インタビュー】両極端なシングル「ともだちだから / Giant Killing」で”ライブモンスター”が開拓した新境地『私だけじゃなく、みんなと一緒に坂を上がっていきたい』
【インタビュー】simpαtix、新体制インタビュー! 前編 “私たちが積み重ねてきたものに対して、更にプラスアルファの結果として出せることが、このユニットであったら良い”ーー寺嶋由芙を迎えたsimpαtixが見出す『希望』とは
「今日好き」“山田なる”ことナルハワールド所属のPARADISES、初のフルアルバムが7月22日(水)に発売決定!!リード曲の先行配信も開始!!

access_time create folderエンタメ
local_offer
Second Innovation

Second Innovation

アイドルのライブ情報やインタビュー、リリース情報などを中心とした、アイドルニュースまとめサイトです。最新のアイドル情報を確認するなら「セカイベ」。特集記事、連載記事なども掲載致します。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧