新選組を描いた「風光る」が23年の連載に幕 flowers7月号で完結

access_time create folderエンタメ
新選組を描いた「風光る」が23年の連載に幕 flowers7月号で完結

 新選組を舞台にした渡辺多恵子の「風光る」が、2020年5月28日発売の小学館・月刊flowers7月号で23年の連載に幕を下ろし、完結しました。7月号では表紙および巻頭カラー大増で100ページを掲載しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 1997年に「別冊少女コミック」で連載がはじまった「風光る」は、新選組を中心に、彼らの生き様や友情・恋愛を描いた青春グラフィティ漫画。父と兄を殺された少女 ・セイが、神谷清三郎と名乗り、壬生浪士組(後の 新選組)に入隊して、真の武士を目指すという物語です。途中、掲載誌を「月刊flowers」にかえ、23年にわたり連載。第48回小学館漫画賞少女向け部門を受賞しています。

 月刊flowers7月号では、完結を記念し沖田総司やセイのイラストで彩られた「クリアしおり4枚セット」が付録。また、オリジナルグッズが合計168名にあたるプレゼントキャンペーンも実施されます。


(C)渡辺多恵子/小学館
情報提供:小学館

関連記事リンク(外部サイト)

「孤独のグルメ」の文庫版が発売 松重豊が帯コメント&壇蜜が解説文を寄稿
5人の男と50億人の女性の世界を描いた「終末のハーレム」TVアニメ化決定
「花とゆめ」の鉄板名作8作品が全話無料配信 第1弾は「動物のお医者さん」「ここはグリーン・ウッド」

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧