今更聞けない?実は【BTS】って誰?!という方向け BTS簡単紹介&おすすめ曲10曲

access_time create folderエンタメ
今更聞けない?実は【BTS】って誰?!という方向け BTS簡単紹介&おすすめ曲10曲

世界中で人気のBTS(防弾少年団)。『愛の不時着』にも彼らのファンという設定の子が登場するなど、今では韓国を代表するグループですが、実はよく知らない・・という方も多いのでは?
なぜ彼らがこれほど有名になったのか、そしてメンバーの簡単プロフィールとこれだけは聞いておきたいおすすめの10曲をご紹介します。

BTS基本情報

この投稿をInstagramで見る

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 – 2019年 3月月31日午前8時00分PDT

BTSとは、2013年に韓国でデビューした7人組の男性ヒップホップユニットです。
グループ名の「BTS」は、韓国での彼らのユニット名である「防弾少年団」をハングル表記したときの頭文字をとったもの。
また、BTSのファンのことをARMY(アーミー)と呼びます。

BTS、何がそんなにすごいの?

アジア人アーティストとしての快挙!

今更聞けない?実は【BTS】って誰?!という方向け BTS簡単紹介&おすすめ曲10曲

BILLBOARD MUSIC AWARDS — Show Backstage — 2019 BBMA at the MGM Grand, Las Vegas, Nevada — Pictured: Halsey and BTS — (Photo by: Christopher Polk/NBCU Photo Bank/NBCUniversal via Getty Images via Getty Images)

BTSが一気にその名を広めたのが、2017年。
それまでにも韓国国内やアジアを中心にさまざまな賞を受賞していましたが、アメリカの大手音楽賞「ビルボード・ミュージック・アワード」で、それまで6年連続でジャスティン・ビーバーが受賞していた「トップ・ソーシャルアーティスト賞」を韓国アーティストとして初めて受賞するという快挙を成し遂げ、一気にその名が世界中に広がりました。
その後も欧米のアワードや音楽チャートに食い込むなど、それまでほとんど欧米で記録を残すことのなかったアジア人のアーティストとして、大きな変換点を作ったのです。

彼らのバックグラウンドも話題

この投稿をInstagramで見る

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 – 2018年 8月月16日午前8時00分PDT

彼らの所属事務所が韓国で絶大な力を持つ三大事務所ではない事務所であるということも話題でした。
そのことが、彼らの実力を証明していると言えます。

メンバー紹介

BTSの7人のメンバーを簡単にご紹介します。並び順は年齢が高い順です。

1. JIN (ジン)

この投稿をInstagramで見る

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 – 2019年 6月月2日午前8時01分PDT

1992年生まれのBTS内最年長メンバー。
もともとは俳優志望で、建国大学演劇映画科に所属中に事務所のスカウトを受け、オーディションを経て入所。
大学院にも進学するなど、勉強熱心なメンバー。

2. SUGA (シュガ)

この投稿をInstagramで見る

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 – 2017年 2月月2日午前7時00分PST

1993年生まれのラップ担当メンバー。
ソロとしての活動も活発で、先日IUとのコラボで発表した「eight」も話題。

3. J-HOPE (ジェイホープ)

この投稿をInstagramで見る

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 – 2019年 6月月2日午前8時00分PDT

1994年生まれ、ラップ担当のおちゃめなメンバー。
J-HOPEの「J」は本名の苗字である「Jeong」の頭文字から。

4. RM (アールエム)

この投稿をInstagramで見る

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 – 2018年 6月月13日午前8時00分PDT

1994年生まれのラップ担当。メンバーの中で一番最初に事務所入りしたメンバー。
独学で学んだという英語が堪能で、2018年には国連総会で英語でスピーチを披露。

5. JIMIN (ジミン)

この投稿をInstagramで見る

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 – 2017年 2月月2日午前7時02分PST

1995年生まれのボーカル担当。「ジミン」は本名のパク・ジミンから。
ダンスの上手さに定評のある、愛されキャラのメンバー。

6. V (ブイ)

この投稿をInstagramで見る

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 – 2020年 1月月23日午前2時00分PST

1995年生まれのボーカル担当。
低い声が特徴的で、突拍子なく飛び出す不思議な行動や言葉から「四次元」と呼ばれる。
俳優として『花郎<ファラン>』に出演し、OSTも担当した。

7. JUNG KOOK (ジョングク)

この投稿をInstagramで見る

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿 – 2017年 2月月2日午前7時00分PST

1997年生まれの最年少メンバーでボーカル担当。
2019年の映画評論サイトTC Candlerによる「世界でもっともハンサムな顔100人」で見事1位を獲得。

一度聞いたら耳から離れない!ノリノリな5曲

1. DNA

現時点で、全楽曲の中でYoutubeでの再生回数が1位(9.9億回)となっている人気ナンバーです。
キレキレのダンスにもご注目を!

2. Boy With Luv Feat. Halsey

昨年発売された、アメリカの女性シンガーソングライター、ホールジーとのコラボ曲。
歌詞の「Oh my my my, Oh my my my」の部分は間違いなく耳から離れなくなります。

3.IDOL

インターネット上での人気投票で決まる、アメリカの「People’s Choice Awards」にて、2018年の楽曲賞とミュージックビデオ賞どちらも受賞した一曲です。

4. FIRE

こちらは筆者もお気に入りの一曲。曲名の通り、爆発や花火など「火」の演出がたくさん使われているMVもぜひじっくりご覧ください。

5. Danger

初期の曲で、ダークな雰囲気のかっこいいMVになっています。
「Danger」の曲名の通り、危なげでドキドキするシーンも。

聞き心地良し!スローテンポなおすすめ曲5選

1. Spring Day

2016年に発表された、かなりスローテンポな一曲。
MVも美しい風景やメンバーの表情などがじっくりと写されています。

2. Just One Day

2014年に発表された曲で、まだデビューして間もない今よりも幼い雰囲気のメンバーたちを見ることができます。

3. Euphoria

ジョングクのソロナンバーのユーフォリア。
歌っているのは一人ですが、MVにはメンバーも出演しています。

4. FAKE LOVE

現時点でYoutubeで7億回再生されている、BTSの中でもトップスリーに入る人気曲です。

5. It’s Definitely You (死んでも君だ)

こちらはBTSとしての楽曲ではありませんが、メンバーのVとJINのデュエットソングです。
Vも出演したドラマ『花郎<ファラン>』のOSTの一曲。
ドラマをご覧になった方なら、絶対聞き覚えがあると思います。

BTSの今後にご注目を!

今更聞けない?実は【BTS】って誰?!という方向け BTS簡単紹介&おすすめ曲10曲

LOS ANGELES – FEBRUARY 25: BTS helps James Corden get to work in an all new Carpool Karaoke on The Late Late Show with James Corden airing Tuesday, February 25, 2020. (Photo by Terence Patrick/CBS via Getty Images)

韓国から世界へと活躍の幅を広げているBTS。彼らの勢いはまだまだ止まりません!
今後の活躍にもご注目を。


関連記事リンク(外部サイト)

OH MY GIRLが「Nonstop」の活動終了!最多の音楽番組8冠でメンバーの人気も急上昇中
ハンサムすぎる俳優♡コン・ユのプロフィールとおすすめドラマ&映画をご紹介!
『ザ・キング 永遠の君主』第12話あらすじ&ネタバレ考察/イ・ミンホがキム・ゴウンの首すじにキス♥

access_time create folderエンタメ
local_offer
K-board

K-board

韓国ドラマやK-POPなどのエンタメ情報から美容、グルメ、旅行など韓国に関するあらゆる情報をたっぷりお届けします。

ウェブサイト: https://korea.kaigai-drama-board.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧