ロシア軍戦闘機地中海でアメリカ軍機に異常接近 アメリカ側が抗議

access_time create folderエンタメ
ロシア軍戦闘機地中海でアメリカ軍機に異常接近 アメリカ側が抗議

 アメリカ欧州アフリカ海軍と第6艦隊は2020年5月26日(欧州中央時間)、ロシア軍の戦闘機が地中海東部の公海上を飛行中のアメリカ海軍P-8A哨戒機に異常接近し、危険な状況に陥ったと抗議する声明を発表し、画像と動画を公開しました。公海上を飛行するP-8Aへの異常接近は1時間以上にも及び、乗員を空中衝突の危険にさらしたといいます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 アメリカ海軍の発表によると、事態が発生したのは5月26日の地中海東部。現在地中海には、第6艦隊を基幹とする第67任務部隊(CTF-67)が派遣されており、VP-4所属のP-8Aが海上における哨戒飛行を担当しています。



 この日もVP-4のP-8Aは公海上を哨戒飛行していたところ、ロシア航空宇宙軍のSu-35戦闘機2機によるスクランブルを受けたといいます。現在地中海東部のシリアにロシア軍が進出しているので、ここまでは通常の警戒行動として考えられなくもないのですが、その後の行動が違っていました。

 2機のSu-35は、P-8Aの両側から異常接近。アメリカ側が公開した画像によると、主翼のすぐ近くまで間隔を詰めてきました。

 このような接近は通常のスクランブル(対領空侵犯措置)では実施しないもの。Su-35は64分間にわたって異常接近を繰り返し、空中接触の危険を感じたP-8Aは、回避行動を取らざるを得なかったと発表しています。

 地中海上空でアメリカ海軍のP-8Aにロシアの戦闘機が異常接近するのは、2020年4月に2件発生して以来のこと。アメリカ側はロシア戦闘機の行為を非紳士的であり、1972年に締結された「海上における衝突の予防のための国際規則に関する条約(COLREG)」に示された「海上における衝突の予防のための国際規則」に違反しているとしています。

 アメリカは2020年4月の2件と今回の件の全てにおいて、一貫して公海上を飛行しており、国際法による安全性を十分考慮していたとし、ロシア軍戦闘機の行為を非難しています。


<出典・引用>
アメリカ欧州アフリカ海軍 ニュースリリース
Image:U.S.Navy

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ロシアがリビアに戦闘機派遣 ロシア政府出資の民間軍事会社を支援か
イタリア空軍曲技飛行チーム 新型コロナウイルス禍から復活するイタリア応援ツアー開始
スペースXの有人宇宙船クルードラゴン 27日の打ち上げに向け準備完了

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧