日本酒好き必見!アメリカでテイスティングできる場所をご紹介!【アメリカ】

access_time create folder生活・趣味

日本酒好き必見!アメリカでテイスティングできる場所をご紹介!【アメリカ】

先日バークレーにある「TAKARA SAKE USA」さんのテイスティングルーム・ミュージアムにお邪魔してきました。
ここは工場もありアメリカで販売する日本酒を製造しているようです。予約がなくても誰でも自由に入ることができます。
まず日本酒の製造過程のビデオを観てから、テイスティングのコーナーに移動します。
立ちカウンターとテーブル席があり、大人数でのテイスティングはテーブル席でしてもらえるみたいです。
その日は2種類のテイスティングコースがありました。
私たちは$10.00(約1100円)のバラエティーコースにしました。もう一つは確か$20.00(約2200円)くらいで、大吟醸も楽しめるコースだったと思います。
バラエティーコースは7つのテイスティングが楽しめるコースで、2人でシェアしました。
担当の方は知識豊富で製造時のお米の違いや熱燗に適しているお酒の特徴等説明してくださいました。
コースの中で味の選択をしないといけないものがあり、2人で意見が分かれたときはおまけに2つともの味を出してくれたり、「おすすめの飲み方が他にもあるんです」と言って無料で追加してくださったりと、とても親切にしてくださいました。
それで$10.00はすごくお得だと思います。お酒は強いほうですが、2人でシェアしたにもかかわらず軽く酔っ払いました。
奥には小さなミュージアムがありお酒作りに使われていた道具が展示されています。アメリカでしか製造していないお酒もあるので、日本酒好きにはおすすめです。
コロナウイルスが落ち着いたらまた行ってきます。

関連記事リンク(外部サイト)

両国駅の幻のホームでこたつに入りながら“熱燗”と“おでん”を堪能!
日本酒大充実!さまざまな用途で楽しめる寿司店「かぐら」とは?
これぞ大人の贅沢!隠れ宿「寿海亭」で“幻”と噂の間人(たいざ)蟹を食してみた【京都府】

access_time create folder生活・趣味
ワウネタ海外生活

ワウネタ海外生活

ワウネタ海外生活は海外にスポットを当てた話題やネタを海外ナビする海外情報ネタサイトです。プチ海外生活を疑似体験できます。

ウェブサイト: https://www.wowneta.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧