【オークス】サンデー系が10年で13頭の連対馬を輩出 今年狙うべき馬は?

access_time create folderエンタメ
【オークス】サンデー系が10年で13頭の連対馬を輩出 今年狙うべき馬は?

母の父はノーザンダンサー系が最良

2020年5月24日(日)に行われる第81回優駿牝馬(オークス)。出走馬18頭中、サンデーサイレンス系を父に持つ馬が実に16頭もいる。Hail to Reason系でくくると、何と18頭全てが該当。Mr.Prospector系もNorthern Dancer系も出走していないという異常事態になった。
ここ10年で13頭の連対馬を出しているように、オークスはサンデー系の種牡馬が圧倒的に強い。連対した13頭中のうち、11頭が母の父にNorthern Dancer系の種牡馬を持っていた。ただ、今年のサンデー系出走馬は母の父がMr.Prospector系という馬がやたらと多く、母の父にNorthern Dancer系を持つのはウーマンズハート、クラヴァシュドール、リリーピュアハートの3頭だけ。
中でも注目はリリーピュアハート。母がフランスでGⅠ勝ちした一流馬で、全兄ヴァンキッシュランは今回と同じ舞台である東京2400mで重賞勝ち。ディープ産駒の中でもかなりスタミナ寄りの配合で、消耗戦になれば台頭の余地は十分にありそうだ。

2020年オークスに出走するリリーピュアハートの血統表ⒸSPAIA


関連記事リンク(外部サイト)

【オークス】2400mでも期待大!デアリングタクトの二冠に待ったをかける馬は?
【AI平安S予想】オメガパフュームは消し 本命は3連勝と勢いのある馬を指名!
【平安S枠順】オメガパフュームは4枠5番 出戻り4連勝の2枠2番ロードレガリスにとって気になるデータとは?

access_time create folderエンタメ
local_offer
SPAIA

SPAIA

スパイア[SPAIA]では、野球、サッカーなど各種スポーツのAIによるデータ予想と解析、試合日程や結果、チーム成績や選手データなどあらゆる情報を配信。新しい視点でファンとスポーツの関心を高め、進化し続けるコンテンツと感動をご提供します!

ウェブサイト: https://spaia.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧