【WWE】ベイリーがシャーロットとの“女子王者対決”を制す

access_time create folderエンタメ

日本時間5月23日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにて行なわれたスマックダウンが配信された。

◆ベイリーがシャーロットとの“女子王者対決”を制す

“女子王者対決”としてスマックダウン女子王者ベイリーとNXT女子王者シャーロット・フレアーが激突した。

実力を証明するためパートナーのサーシャ・バンクスを残して1人リングに登場したベイリーだったが、シャーロットはベイリーを捕まえるとバリケードに叩き付けて「サーシャ出て来い」と挑発。

さらにシャーロットがネックブリーカーやボストンクラブを決めて攻め込むも、ベイリーが攻撃を避けてポストに誤爆すると形勢逆転。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ベイリーはダイビング・エルボードロップを炸裂させると、チョップの応酬から最後はロープを掴みながらシャーロットを丸め込んで3カウント。

ロープを掴んだ疑惑の勝利ながらも王者対決を制したベイリーはバックステージでサーシャと抱き合って勝利を祝った。


関連記事リンク(外部サイト)

【WWE】紫雷イオ、6・8「NXTテイクオーバー」でトリプルスレット王座戦が決定
【WWE】中邑、宿敵AJスタイルズと激闘もトーナメント1回戦突破ならず
【WWE】ストローマン対ミズ&モリソンのハンディキャップ王座戦が「バックラッシュ」で決定

access_time create folderエンタメ
local_offer
プロレスTODAY

プロレスTODAY

楽しめるプロレスNEWSサイト『プロレスTODAY』プロレス業界の最新情報やインタビュー、海外のプロレス情報などを掲載。プロレスラーのトークイベント『ストロングトークLIVE』も開催。

ウェブサイト: https://proresu-today.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧