ロジクール、ビデオ会議に適した有線ヘッドセット ロジクール Zone Wiredを発売

access_time create folderデジタル・IT
ロジクール、ビデオ会議に適した有線ヘッドセット ロジクール Zone Wiredを発売

株式会社ロジクールは、ビジネス用の有線ヘッドセット『ロジクール Zone Wired』を5月21日より発売する。価格は14,000円 (税込)。

本製品はビジネス向けの有線ヘッドセットで、ビジネスシーンで利用されるUCアプリケーションと連携して高品質なWeb会議や通話を実現する。オープンな作業環境でも声をクリアに届けるノイズキャンセリングマイクと、上質なオーディオドライバーを搭載したほか、ケーブル上のリモコンで音量や通話の応答などを操作できる。

 

製品特長

■手元で直感的に通話をコントロール
主要な通話アプリケーションやWeb会議ツールに対応しており、音量調節や通話の開始/終了、ミュートなどをケーブル上にあるリモコンで操作できる。Microsoft Teams認定モデルではTeamsアプリの起動ボタンもありPC上での操作が必要なく、すぐに通話を始められる。

■声をクリアに届けるマイク
ノイズキャンセリングデュアルマイクテクノロジーを採用で、キーボードの打鍵音や周囲の話し声といった気を散らせる音を抑える。また、マイクが拾った音声から不要な環境音を取り除くので、自分の声を相手にクリアに届けることができる。マイクブームを跳ね上げてミュートにする、フリップミュートも可能。

■音楽鑑賞にも適した優れたサウンド
密閉型のヘッドホンで、40mmのプレミアムオーディオドライバーを搭載。音量を大幅に上げなくても通話先の音声がはっきり聞こえ、音楽を高音質で楽しむこともできる。専用アプリLogi Tune for Desktopを用いれば、自分の声をヘッドセットに返す設定やマイク音量の最適化、音楽に合わせたイコライザー設定も可能。

■快適な装着感
下を向いてもヘッドセットがずれ落ちないようイヤーパッドに低反発素材を使用。

■便利なプラグアンドプレイ
PCに接続すればすぐに使用できるプラグアンドプレイに対応。ヘッドセットはUSB Type-Cコネクタを搭載しているが、付属の変換アダプターを用いればUSB-A接続も可能。

製品仕様

型番: < Zone Wired Microsoft Teams認定 > ZONEWMS / < UC Zone Wired > ZONEWUC
本体サイズ(高さ×幅×奥行):
ヘッドセット:165.93mm × 179.73mm × 66.77mm
イヤーパッド:65.84mm × 65.84mm × 18.75mm
USB-Aアダプター:21.5mm × 15.4mm × 7.9mm
重量:211g(ヘッドセットのみ)
ケーブル長:190cm
必要システム:USB-CまたはUSB-Aポートを搭載した、WindowsまたはMacベースのコンピューター
スペック
<マイク>
メインマイク:単一指向性
2本目のマイク:全方位
周波数特性: 100~16kHz
<感度>
メインマイク:-48dBV/Pa
2本目のマイク:-40dBV/Pa
<スピーカー>
周波数特性(音楽モード):20~16kHz
感度:99dB±3dB @ 1000Hz @30mW、1cm
ドライバー サイズ:40mm
ドライバー インピーダンス:32Ω
パッケージ内容:インラインコントローラとUSB-Cコネクタ付きヘッドセット、USB-Aアダプター、キャリングケース、取扱説明書、保証書、保証規定

 

◉製品情報
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/usb-headset-zone-wired?crid=1873

ロジクール www.logicool.co.jp


関連記事リンク(外部サイト)

アストロデザイン、低解像度の動画を最大 8KにアップコンバートするOpen FXプラグインソフトウェア AI Scalerを発売
キヤノン、企業内起業「ichikara Lab(イチカララボ)」を設立
ゼンハイザー、BluetoothイヤホンCX 150BTとCX 350BTを発表

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
ビデオSALON

ビデオSALON

ビデオSALON.webは、月刊「ビデオSALON」がお届けする映像制作のための情報マガジンです。 映像制作に関連する、最新情報、機材ニュース、レポートなどをイチ早くご紹介します!

ウェブサイト: https://videosalon.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧