【超速報】桂三輝の落語が第10回オフブロードウェイアライアンスアワードでベスト4!

access_time create folderエンタメ

桂三輝が第10回オフブロードウェイアライアンスアワード(10th Annual OBA Awards)において「Best Unique Theatrical Experience(最優秀ユニーク・シアターエクスペリエンス)」部門のベスト4を記録したという速報が入ってきました!

オフブロードウェイアライアンスアワードとは

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

トニー賞のオフブロードウェイ版であるオフブロードウェイアライアンスアワード。
2011年から、過去シーズンに開幕したオフブロードウェイにおける商業舞台公演および非営利なショーの最優秀作品を表彰しています。
同賞は、最優秀新作ミュージカル、最優秀新作舞台公演、最優秀リバイバルミュージカル、最優秀リバイバル舞台公演、最優秀ユニーク・シアターエクスペリエンス、最優秀ソロパフォーマンス、最優秀ファミリーショーという7つの部門で競われます。
毎年、オフブロードウェイ業界における継続的な功績を讃えた”レジェンドオブオフブロードウェイ”や殿堂入りも併せて発表されています。

今回、桂三輝の落語は、上記7部門のうち「Best Unique Theatrical Experience(最優秀ユニーク・シアターエクスペリエンス)」部門にてオフブロードウェイにある61劇場で披露されている100以上の候補作品の中から、ノミネート全4作品のうちの1つとして選ばれていました。

関連記事:【速報】桂三輝の落語が第10回オフブロードウェイアライアンスアワードにノミネート!

5月19日(火)現地時間11:30(日本時間では5月20日(水)0:30)にOBAのFacebookページにて受賞者が発表され、惜しくも最優秀賞は逃したものの、ベスト4の栄誉に輝きました。
授賞式は秋に行われます。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

桂三輝は2019年9月からアメリカNYにある「ニューワールドステージ」(350人収容の劇場)にて、週2回公演を実施。
公演は当初3か月の予定でしたが、話題を呼んだことを受け公演を延長。
現在は休演中となっていますが、今年9月いっぱいまでの公演が決定しています。
歴史あるオフブロードウェイでの落語のロングラン公演は史上初となっており、引き続き大きな話題を呼んでいる中でのベスト4となりました。

そもそもオフブロードウェイの賞レースに日本の作品がノミネートすることは難しく、それも落語がノミネートされるというのは極めて稀なこと。
その点からも今回のベスト4は大変貴重な出来事となりました!

桂三輝からはコメントが届いています!

桂三輝から皆さんへ

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

「落語」が他のブロードウェイ作品と共にアワードにノミネートされるということだけで、本当に嬉しいことです。「落語」は素晴らしいので、今回は、私の頑張りが足りなかったですね。来年はもっともっとがんばります!

日本の落語を世界に知らしめ、広めた立役者ともいわれる桂三輝。
そんな三輝の英語落語をテキスト化し、解説付きで学べるだけではなく、音声もダウンロードできる『桂三輝の英語落語』(アルク)も「生き生きとした英語が学べる」と話題になっています。

関連記事:“落語”を聞いて英語習得!? 「生の言語が学べる」桂三輝の書籍が話題

ますます落語の発展に努めると意気込む三輝から、今後も目が離せません!
おめでとうございます!

桂三輝 公演演目

「生まれ変わり」(創作、師匠・文枝作)
「ちりとてちん」
「死神」
「寿限無」
「味噌豆丁稚」
「動物園」
「桃太郎」
「読書の時間」(創作、師匠・文枝作)
「風呂敷」
「手紙」
「宿題」(創作、師匠・文枝作)

access_time create folderエンタメ
ラフ&ピースニュースマガジン

ラフ&ピースニュースマガジン

「ラフ&ピース ニュースマガジン」(略称「ラフマガ」)は、吉本興業に所属する6,000人以上のタレントに関する情報や、吉本興業の最新ニュースを届けるエンタメニュースメディア。人気芸人の単独ライブやよしもとタレントが出演するイベントのレポート記事のほか、ここでしか読めない独占インタビュー記事を数多く配信しています。

ウェブサイト: https://laughmaga.yoshimoto.co.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧