松竹、自宅でリモート制作した短編映画を SNS で募集。グランプリは賞金30万円

access_time create folderデジタル・IT
松竹、自宅でリモート制作した短編映画を SNS で募集。グランプリは賞金30万円

松竹株式会社は、在宅でリモート制作した短編映画を募集しTwitter などのSNSで共有する「#リモート映画祭」を開催することを発表した。プロアマ問わず広く一般から公募し、グランプリには賞金30万円や副賞として若干名に、石塚プロデューサーと共に次回作を共同開発する権利や、松竹配給作品の宣伝動画を共同開発する権利が与えられる。公募期間は5月11日~7月31日。

松竹は、緊急事態宣言が発令されたステイホーム期間中にも、映画を楽しんでいただきたい。ステイホーム中だからこそ楽しめるエンタテイメントがないかとの考えより、リモートで映画を作って、見せあって、楽しもう!”という「#リモート映画祭」の開催を企画したという。

 

 

概要

■プロアマ問わず、自宅でリモート制作した短編映画を SNS で公募。

■募集期間 2020 年 5 月 11 日~2020 年 7 月 31 日(予定)

■参加方法
①自宅で短編映画をリモート制作し、タイトルを決める。
②制作した作品をご自身の youtube や Twitter 等、一般的に鑑賞可能な方法でアップロード。
③Twitter にハッシュタグ「#リモート映画祭 #keeponmovie」を付けて、作品そのものないし鑑賞可能なリ
ンクを、タイトルと共に投稿。
④「#リモート映画祭」の公式 Twitter に DM で参加意思を連絡。
⑤当スタッフが作品を拝見し、参加の確定を返信。参加作品は公式 Twitter や公式 HP で共有。
※参加作品規定を満たさない場合は、審査対象とならない旨をスタッフより返信。

■審査員
石塚慶生 映画プロデューサー 企画プロデュース作品
『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『植物図鑑 運命の恋、拾いました』『わが母の記』
古森由夏 宣伝企画室・室長
宣伝プロデュース作品『午前 0 時、キスしに来てよ』『人魚の眠る家』『おくりびと』
片岡佑輔 映像戦略室・室長 / 堀端恵一 脚本開発室 / 安永有紀子 デジタルマーケティング室
※ゲスト審査員も参加交渉中

■賞品 グランプリ:賞金 30 万円
副賞として若干名に、石塚プロデューサーと共に次回作を共同開発する権利や、松竹配給作品の宣伝
動画を共同開発する権利。

■審査発表 公式 HP にて 2020 年中に発表予定 ※詳細は後日公式 HP に掲載

 

 

公式HP  https://www.shochiku.co.jp/entertainment/event/remotemoviefes/
公式Twitter  https://twitter.com/remotemoviefes


関連記事リンク(外部サイト)

Help! The 映画配給会社プロジェクトが配給会社別 見放題配信パックを開始
パナソニック、ポータブルテレビ プライベート・ビエラ UN-15TD10を発表
オンキヨー&パイオニア、テレワークに最適なスピーカーフォン RAYZ Rallyのリニューアルカラーバージョンを発表

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
ビデオSALON

ビデオSALON

ビデオSALON.webは、月刊「ビデオSALON」がお届けする映像制作のための情報マガジンです。 映像制作に関連する、最新情報、機材ニュース、レポートなどをイチ早くご紹介します!

ウェブサイト: https://videosalon.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧