DJIのドローンがアメリカから締め出される?(特許訴訟で)

access_time create folderデジタル・IT
DJIのドローンがアメリカから締め出される?(特許訴訟で)

過去に、Appleのような企業が特許侵害訴訟に直面したことがありましたが、自社に不利な判決が出た場合、デバイスの販売を中止し、輸入しないよう求められることになります。DJIもアメリカで同じような状況に直面しているようです。

今回の件を簡潔に説明すると、DJIはAutel Robotics USA(中国企業の米国子会社)から、ドローンに関する特許を侵害したとして訴えられています。その後、ITC(米国国際貿易委員会)の判事はAutelに有利な判決を下し、同判事はDJI製ドローンの米国での販売や輸入を中止するよう勧告しました。

Appleのような以前の類似のケースでは、かなり古い製品が含まれていましたが、DJIのケースでは、「Mavic Pro」 「Mavic Pro Platinum」 「Mavic 2 Pro」 「Mavic 2 Zoom」 「Mavic Air」 「Spark」といった比較的最近の製品が含まれます。Autelはその後、PhantomやInspireシリーズなど他のDJIドローンの販売停止を求める嘆願書を提出しました。

判決には60日間の審査プロセスがありますが、何の問題もなく判決が支持されれば、訴訟で名指しされたドローンは今年7月に米国での販売を中止する可能性があります。支持されるかどうかは不明ですが、もしそのようなことがあれば、DJIにとってかなり大きな問題になるでしょう。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら


関連記事リンク(外部サイト)

ボーイング、極超音速マッハ5の旅行機コンセプトを公開
Bose、QuietComfort 35 IIのスターウォーズエディションを発表
IntelとMediaTek、PC向け5Gで協業

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧