伝説的ホラー映画が4Kで蘇る シリーズ一作目『ハロウィン』4Kリマスターで待望の再リリース[ホラー通信]

access_time create folder映画
ジョン・カーペンター監督作『ハロウィン』

発売、お待ちしてました。

感情の見えない不死身の殺人鬼“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズと、いわゆる“イイ子”な高校生ローリーの戦いを描き、その後の映画に多大なる影響を与えたジョン・カーペンター監督の伝説的ホラー映画『ハロウィン』(1978)。日本では長らく廃盤だった本作が、4Kリマスターで7月15日にブルーレイ/DVDがリリースされる。

ジョン・カーペンター監督作『ハロウィン』

1963年ハロウィンの夜、イリノイ州ハドンフィールドでマイヤーズ家の長男、6才のマイケルが姉のジュディを殺害した。マイケルは精神病院に送られるが、15年後のハロウィン前夜、マイケルは精神病院を脱走。生地・ハドンフィールドに舞い戻り、殺戮を繰り広げる。マイケルに狙われたローリーは、死物狂いでの抵抗をはかるが……。

ジョン・カーペンター監督作『ハロウィン』

ホラーゲーム『デッドバイデイライト』にマイケルとローリーが登場したことで新世代ファンも急増、カーペンターが製作と音楽で復帰した一作目の正当続編『ハロウィン』(2018)も大ヒットし、2本の続編も待機。まだまだ熱が冷めやらぬ『ハロウィン』だが、日本では2011年発売のブルーレイ、2012年発売のDVDを最後に姿を消していた。続編を観るために一作目を観ようとして、「アレッ、売ってない……」とションボリした方、少なくないんじゃありませんこと?

この度のリリースでは、日本で未発売だったカーペンター監督、ディーン・カンディ承認の4Kリマスタリングされた本編マスターを使用。また音声は7.1chのミックスが収録(BDのみ)されている。

本作を観て、オマージュがたっぷりの続編『ハロウィン』(2018)を再見しつつ、さらなる続編『Helloween Kills』『Helloween Ends』に備えよう! 購入の際は同タイトルの続編、同タイトルのリメイク版と間違えないようにお気をつけあそばせ。

製品概要

『ハロウィン≪4K リマスター版≫』
2020年7月15日(水)発売

BD|KIXF-638|¥4,800+税|本編約91分|1080p Hi-Def
日本語字幕|英語(DTS-HD Master Audio/7.1ch)

DVD|KIBF-1661|¥3,800+税|本編約91分|16:9LB
日本語字幕|英語(ドルビーデジタル/5.1ch)

発売・販売:キングレコード

ジョン・カーペンター監督作『ハロウィン』4Kリマスター版ブルーレイジャケット

(C) 1978 Falcon International Productions. All Rights Reserved.

ホラー映画・ホラーエンタメ情報の「ホラー通信」-https://horror2.jp[リンク]

access_time create folder映画
local_offer

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧