OVA版【強殖装甲ガイバー】ActⅡ全6話それぞれのエピソードと動画まとめ

access_time create folderエンタメ
OVA版【強殖装甲ガイバー】ActⅡ全6話それぞれのエピソードと動画まとめ

今回のOVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡの記事では、YouTubeで視聴できる本編動画や各エピソードのあらすじを紹介するといった豪華な内容となっています。ぜひ動画と合わせて記事もご覧になってくださいね。とても面白いアニメに仕上がっていて、本当におすすめのコンテンツですよ。

『強殖装甲ガイバー』とは?

『強殖装甲ガイバー』(きょうしょくそうこうガイバー)は、高屋良樹による日本の漫画作品。およびそれを原作にしたアニメ・小説作品。原作は現在『月刊少年エース』で連載されている。(2016年7月号から長期間休載中)

出典 Wikipedia – 強殖装甲ガイバー

コミックスは2016年2月現在で第32巻までが発刊されており、(徳間書店版・角川書店版を含む)単行本累計総発行部数は550万部を突破している。
敵役の秘密結社が世界征服に成功したり、アメリカ同時多発テロ事件より2年前にワシントンD.C.での高層ビル崩壊を描くなど、常識・日常を超えてしまうストーリー性も備えている。
映像化としては、劇場公開版アニメ1本、OVAとして2シリーズ、ハリウッドの実写作品(日本の漫画を原作としたものでは初のハリウッド実写作品※ただし日本資本によるもの)として映画が2本。そして、2005年、WOWOWで新作のテレビアニメが放送された。

出典 Wikipedia – 強殖装甲ガイバー

『強殖装甲ガイバー』のあらすじ

遥かな昔、謎の異星人「降臨者」が地球に残した3つの「ユニット」と呼ばれる物体。高校生の深町晶は偶然その1つを手に入れ、殖装体「ガイバー」となってしまい、降臨者の遺したデータを悪用し世界征服を目論む秘密結社「クロノス」に追われることとなる。
「調製」と呼ばれる遺伝子操作により強大な力を持った怪人「獣化兵(ゾアノイド)」達との激闘。クロノス幹部の殖装体「ガイバーII」の襲撃。そして獣化兵を遥かに凌ぐ力を持つ「超獣化兵(ハイパーゾアノイド)」。晶は苦戦しつつもガイバーの能力でこれらの強敵を撃退する。
「ガイバーIII」巻島顎人の暗躍もあり、クロノス日本支部を壊滅させるが、世界規模の組織であるクロノスには到底太刀打ちできず、次第に追い詰められていく晶たち。

出典 Wikipedia – 強殖装甲ガイバー

https://aucfree.com/m/items/s693615508 (2188685)

前作のOVA版・強殖装甲ガイバーは、クロノス日本支部を壊滅させるまでの内容となっています。
今回の記事で紹介するOVA版ActⅡでは、日本国内に現存する降臨者たちが残した遺跡基地をめぐって物語が展開されていきます。

出典 aucfree.com

さらに降臨者と呼ばれる外宇宙からやってきた知的生命体のことや、さまざまな特殊能力を備える獣化兵、さらには獣化兵にも分類されない調整体なども登場して面白くなります。

OVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡの各エピソード

OVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡは、DVDやブルーレイといったメディア化はされておらず、動画配信サービスでも視聴できるサービスは見当たりませんでした。商品化されているのはVHSのみで、視聴するのは意外と大変なようです。
しかし、YouTubeでOVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡの本編が観られる動画を発見しましたので、本編動画と合わせて各エピソードのあらすじを紹介させていただきます。

OVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡ第1話

追撃への序章

1992年2月20日発売

出典 www.youtube.com

クロノス日本支部を壊滅させ、主人公・深町晶に日常の生活が戻ってくるかと思われましたが、クロノスからの追手は、以前と変わらず差し向けられて自分の身や瀬川兄弟を護衛する日は続きました。
しかし、幸いなことに、晶たちは、ガイバーⅢこと巻島顎人がクロノスの幹部候補だったため、クロノス側の作戦は事前にキャッチすることができていました。そんな最中、晶の父親・深町史雄が勤務する職場で爆発事故が発生。そして、この騒動を裏にはクロノスの存在がありました。
深町史雄の遺体は発見されませんでしたが、爆発に巻き込まれ、遺体すら残らなかったということで事故は片付けられてしまうのでした…

OVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡ第2話

実験体部隊!!ロストナンバーズの挑戦

1992年2月20日発売

出典 www.youtube.com

瀬川瑞紀はクロノスに拉致されてしまい、救出に向かう晶。しかし、昌の前に立ちはだかるのは見たこともタイプの獣化兵で、これまでハイパー獣化兵をも倒してきたガイバーをも苦戦させるほど相手でした。
昌たちと行動を共にするようになったルポライターを名乗る村上征樹。正体は明かされませんが、彼のもつ知識・情報や特殊能力に助けられることになります。

OVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡ第3話

衝撃の変身!!悲劇のエンザイムⅡ

1992年5月21日発売

出典 www.youtube.com

クロノスの手にかかり、亡くなってしまったと思われていた晶の父親・深町史雄ですが、じつは生きていて、クロノスに瀬川瑞紀と共に捕えられていることを知らされるのでした。ロストナンバーズとの戦いで消耗していた晶ですが、二人を救出するため、途中でガイバーⅢと合流し、魅奈神山にあるというクロノスの遺跡基地に向います。
基地に潜入したガイバーⅠ・ガイバーⅢは、意外にあっさりと史雄と瑞紀の二人を救出することに成功します。しかし、これはクロノスの最高権威者であるドクターバルカスによる罠で、史雄はすでに獣化兵に調整されてしまっていました…

OVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡ第4話

脱出なるか!!魔の竹代町

1992年5月21日発売

出典 www.youtube.com

クロノスの追手から逃れるため、昌たちは近隣の繁華街である竹代町に向かおうとします。しかし、竹代町はすでにクロノスの息がかかっており、街の住人たちは獣化兵に調整されていて、昌たちに襲い掛かってくるのでした。
ガイバーになって窮地を凌ぐ晶でしたが、獣化兵を目の前にして、何故か晶の殖装は解けてしまいます。そして、昌はガイバーに殖装する力を失ってしまったのでした…

OVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡ第5話

獣神変!!村上征樹

1992年8月21日発売

出典 www.youtube.com

これまで行動を共にしていた村上征樹の正体が明らかになるエピソードとなります。
竹代町から逃げてきた晶たちは、森での野宿を余儀なくされていましたが、そこにもクロノスからの追手である獣化兵たちが迫っていました。獣化兵のタイプはエンザイムⅡで、人工的に作られたガイバーの天敵です。しかも、本格的な戦闘訓練を積んでいるのは明らかで、ガイバーⅢも苦戦を強いられました。
そんな苦境を脱するために村上は、思念波でエンザイムⅡたちの動きを封じようとします。しかし、ドクターバルカスの干渉下にあるでは村上の思念波は効果を発揮せず、戦闘形態に変身して戦う覚悟を決めるのでした…

OVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡ第6話

アプトム猛攻!!甦れガイバーⅠ

1992年8月21日発売

出典 www.youtube.com

獣化兵や人類という種の起源について話をする巻島と村上たち。その会話を聞いていられなかった瑞紀は、森の奥深くに走っていってしまい、昌はその後を追うのでした。しかし、ここにもクロノスの追手は迫り、昌と瑞紀は獣化兵に襲われてしまいますが、危ないところを偽物のガイバーⅢに助けられます。
偽物のガイバーの正体は、以前にロストナンバーズとして晶と対戦したアプトムでした。アプトムは自分の手でガイバーⅠを倒し、ロストナンバーズの仲間たちの敵討ちをするために晶を助けましたが、クロノスの追手である獣化兵を一掃すると、本来のターゲットである晶に牙を向けるのでした…

OVA版『強殖装甲ガイバー』ActⅡの関連商品

Amazon | 強殖装甲ガイバー BFC-MAX05+ ガイバーI Image Head Plus (ノンスケール 塗装済み完成品) | フィギュア・ドール 通販 (2189445)
出典 amzn.to

Amazon | 強殖装甲ガイバー BFC-MAX05+ ガイバーI Image Head Plus (ノンスケール 塗装済み完成品) | フィギュア・ドール 通販

¥27,000 販売サイトへ
Amazon | figma 強殖装甲ガイバー ガイバーIII ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア | フィギュア・ドール 通販 (2189446)
出典 amzn.to

Amazon | figma 強殖装甲ガイバー ガイバーIII ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア | フィギュア・ドール 通販

¥11,800 販売サイトへ
Amazon | 強殖装甲ガイバー プロトゾアロード村上 | フィギュア・ドール 通販 (2189447)
出典 amzn.to

Amazon | 強殖装甲ガイバー プロトゾアロード村上 | フィギュア・ドール 通販

¥12,000 販売サイトへ

OVA版『強殖装甲ガイバー』Act2の各エピソードまとめ

前作のOVA版でハイパー獣化兵を登場させていることもあり、続編にあたる今作ActⅡではそこのエピソードは全てカットされています。ガイバーにとって、注目すべき敵なのはエンザイムⅡ・アプトムの2つといったところでしょうか。
ActⅡも中途半端なところで終わってしまっていますので、この続きが気になるようなら、原作コミックか、2005年に放送されたアニメ版『強殖装甲ガイバー』をご覧になってくださいね。

元のページを表示 ≫


関連記事リンク(外部サイト)

『トゥナイト2』キャスター&司会者の今
バントの名手、平野謙の軌跡を辿る
ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリーの3人組「ベリーズ」!現在は何をやってるの?

access_time create folderエンタメ
local_offer
ミドルエッジ

ミドルエッジ

「Middle Edge」は1980~90年代に青春を過ごしたオトナの為の、懐かしいテレビ・音楽 ・スポーツ・マンガなどの情報を中心にしたエンターテインメントメディアです。もう一度見たい、聴きたい、知りたい。「記憶をくすぐる」大人のWebメディア。

ウェブサイト: https://middle-edge.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧