これぞソーシャルディスタンス漢字!?四千頭身・後藤さんのツイートが話題に

access_time create folderエンタメ

新型コロナウイルス流行の当世にぴったりの「ソーシャルディスタンス漢字」がTwitter上で話題になっている。

件のソーシャルディスタンス漢字とやらを考案し、ツイートで紹介したのは人気お笑いタレントの四千頭身・後藤さん。

「ソーシャルディスタンス漢字 https://t.co/lm4T84I0EW」

https://twitter.com/paiyu2/status/1258406368463089664?s=19

この発信にはなにか意図があるのか、はたまた単に暇だったのか……。後藤さんのツイートに対し、Twitter上では大きな反響が起こっている。

「「人」という漢字を2m離したんだよね?」

「暇なんですね、後藤さん」

「もはや八」

「後藤くんクレヨンで文字書く時グーで握って持ってそう」

「人--人こうかな?人崩したら支え合えれん、。
ん、暇なのかな、。」

「広辞苑:不採用」

ドラマ『3年B組金八先生』を観て育った世代の筆者には、互いに支いあえていないこの「人」の状態には問題も感じてしまうのだが……。

※画像はTwitter(@paiyu2)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧