「これを味方につけてたら負ける気はしない」 伊藤潤二さんの描いたリアルなアマビエにSNS震撼

access_time create folderエンタメ

新型コロナウィルスの感染拡大に対し、​SNS上では疫病退散の妖怪「アマビエ」のイラストを公開するアマビエチャレンジが流行している。

アマビエチャレンジはおおむね可愛らしいポップな作風で描かれる傾向があるのだが、そんな中、ホラー漫画家の伊藤潤二さんが驚異的におどろおどろしいリアルなアマビエのイラストを披露して話題になっている。

「早く収束しますように。 https://t.co/JcgPHkK2jd」

https://twitter.com/junjiitofficial/status/1256172663044620288

「富江」(朝日新聞出版)や「うずまき」(小学舘)に代表される伊藤さんらしいタッチのアマビエは可愛さゼロだが、妖怪本来のミステリアスなパワーが感じられる。伊藤さんのアマビエチャレンジに、TwitterなどSNS上では大きな反響が起こっている。

「うお、アマビエ業界に満を持して真打登場!」

「これを味方につけてたら負ける気はしないなw」

「新型コロナで助かっても、このアマビエ様にやられてしまいますね。」

「疫病は収まったが、毎年失踪者が出るように
同時期から水辺に出現するこれ
娘が失踪した家族が痕跡を突き止め、これを倒すと変異した娘だった
それから押さえていた疫病が吹き出し再度蔓延死屍累々

というストーリーを思いついた
潤二先生の本は10冊くらい読んでます」

「コロナかアマビエどっちが疫病撒き散らすのかわからないw」

「1番ほんものに近いアマビエ様ってこの絵な気がします。」

新型コロナウイルスとアマビエと、どちらが怖いのがわからなくなってしまうが、反響にもあったようにこのアマビエを味方につけることができれば大抵の厄災は乗りきれそうな気がする。

※画像はTwitter(@junjiitofficial)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧