ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(後編)

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(後編)

この記事は『LinkedIn navi』の『プロフェッショナルインタビュー』から寄稿いただきました。

前編はこちら
https://getnews.jp/archives/251362

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希(後編)

広告業界に新しい概念「コミュニケーション・デザイン」を提唱し、業界内外からもその動向が注目され続ける岸さん。いわば革命者であり開拓者でもある彼が手がける仕事は、企業広告はもとより、商品開発や事業デザイン、アーティストのプロデュースなど多岐にわたります。旧来の“広告”に対する考え方に一石を投じた“コミュニケーションをデザインする”という発想の源泉や、異端児とも称される所以を探ります。

プロフィール

岸 勇希(きし ゆうき)
1977年 名古屋生まれ。東海大学海洋学部水産学科卒業。早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了。中央大学研究開発機構(専任研究員)を経て2004年電通に入社。中部支社雑誌部、メディア・マーケティング部を経て、2006年より東京本社インタラクティブ・コミュニケーション局クリエーティブ室勤務。2008年から、新設されたコミュニケーション・デザイン・センターにて現職。同年に執筆した電通刊『コミュニーケションをデザインするための本』が話題を呼ぶ。国際的な評価も高く、2010年にはカンヌ国際広告祭審査員を務めた。また開発した『PhoneBook』はMOMAの収蔵作品となる。近年は東京大学の講師なども兼任。

ウェブサイト「メモ帳ブログ」: http://yukix.com/memo/[リンク]
近日刊行予定『こころを動かす。の見つけ方』特設サイト:http://kokorougokasu.jp/[リンク]
Twitter: @yukixcom[リンク]

第3章
メディア論を学び、自分では考えもしなかった電通へ。
既存のルールやシステムと戦う日々の幕開け。

プロフェッショナルインタビュー:岸 勇希

―情報通信の大学院から、どうして電通への就職に至ったのですか?

大学院でメディア論を学んだことがきっかけだと思います。この頃、世の中的には森首相のもとでIT革命が叫ばれ、地域情報化が急速に進んでいた時代でした。ただ実際には、情報のハード整備ばかりが先行する、いわゆるハコモノ行政でした。「ハードではなくソフトを提供しなければ地域は活性化しない」ということが僕の仮説であり、修士論文でした。

実施には、沖縄県の嘉手納町に造られたマルチメディアセンター、最新の情報設備を備えながら、あまり使われていないこの施設を使って、小学生や中学生と一緒に、地域をテーマにしたドキュメンタリー映像を制作。この活動が参加した子供たちや地域にどのような効果をもたらすのかについて研究を行いました。

ここで判明したのは、地域を題材にしたドキュメンタリー制作をすることで、ITリテラシーやメディアリテラシー、そして地域への愛着までもが格段に上がるということでした。子供たちが制作したドキュメンタリーの上映会には、なんと800人もの地元の方々が集まったのです。「ハードでなくソフト」が、はじめて情報化の価値を開花させた瞬間だったと思います。

この実践で修士論文を書き上げ、もっと研究を続けたいと思うようになりました。そこでこの嘉手納町プロジェクトにドキュメンタリーの制作指導でご協力を頂いていた松野 良一※1先生(当時TBS)が、中央大学へ移籍されるのをきっかけに、自分も専任研究員として中央大学研究開発機構へお世話になることになりました。結果的にはわずか半年でしたが精力的に研究をさせてもらいました。

※1
松野 良一…
中央大学総合政策学部教授。朝日新聞社記者、TBS報道局ディレクターなどを務め、マルチメディア・プロデューサーから研究者へ。専門はメディア論、ジャーナリズム論、メディア表現教育。

この頃、松野先生から、「メディア論をやっている人は日本ではまだまだ少ない、でも、学術の人はメディアを見られないから、本当にこの分野を極めたいならメディアの現場に出てみるのがいいと思うよ」とアドバイスをされたのです。

―でも確かに、至極まっとうなご意見ですよね。

正直、当時はあまりピンとこなかったんです。松野先生は、NHKか電通はどう? とすすめてくださったのですが、NHKは知っていても、電通は「広告?興味ないなぁ」。くらいにしか思っていませんでした。それでも、先生を信頼していたので、そこまで言ってくださるなら受けてみようと。

あとは、人生で一度くらいサラリーマンというものもいいかもしれないと思っていました。生意気な話ですが、自分で仕事をしていたこともあって「給料は払うもので、もらうものではない!」などと言ってる学生でしたが、大学院で一緒だった社会人の同級生、みんな年は10以上上でしたけど、その人たちの考え方や仕事がとても大きく、魅力的に感じられたことも影響していたと思います。

―結果的に電通に縁ができたのですね。

特別知識もなかったので、NHK行くならドキュメンタリーがやりたい。NHKスペシャルを手がけたい、と思いました。ただ実際に調べてみると「最低でも10数年はかかるよ」と言われたりで早くも心が折れました。一方電通では、松野先生の友人でもあり、今の上司である細金 正隆※2さんに「ネット系なら、電通にとってもこれからの分野だし、早い段階から現場で活躍できるはずだ」と言われ、それなら電通だ! と一気にテンションが上がり、ネットの会社くらいの認識でそのまま入社してしまいました。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。