貧血対策や美容増進に効率よく“鉄分”を摂る方法とは?“ひじきの煮付”の鉄分補給レシピを紹介

access_time create folder生活・趣味

体がだるい、頭が重い、少し動くと息切れがする……。こんな悩みを抱えた方は、いらっしゃいませんでしょうか。「夏バテかな」とも思えるこれらの症状。もしかすると、“鉄分不足”かもしれません。

鉄は体への吸収率が悪く、欠乏しやすいミネラルです。鉄分が不足することで引き起こされる症状で、一番有名なのは何と言っても“貧血”でしょう。貧血の原因の実に七割が、鉄分不足によるものだと言われています。

また、貧血は血中のヘモグロビンが減少している状態です。ヘモグロビンは体中に酸素を運ぶ役目を担っていますので、貧血になると酸素が行き届かなくなります。この酸素不足が、「なんとなく調子が悪い」の原因になっているのです。体内の酸素供給は、もちろん肌にも影響します。肌細胞の代謝が鈍くなり、クスミやアレの原因にもなりかねません。

体や肌に漫然とした不調を感じる方、鉄分の補給を意識してみてはいかがでしょうか。毎日の食事に鉄分を取り入れ、スッキリとした毎日を過ごしましょう。

鉄分を多く含む食品

鉄の一日の摂取推奨量は、成人男子で“7.5mg”、成人女性で“10.5mg”なのだそうです。
やはり、レバーが多くの鉄を含むようです。特に豚レバーがよろしいようで、100g中に“13.0mg”の鉄分が含まれます。続くのが鶏レバーの“9.0mg”で、ほかにもパセリ、ハマグリの佃煮、豆味噌などが続きます。
乾物に目を向ければ、アオノリの100g中“74.8mg”がダントツで、ひじきの“55.0mg”が続きます。ほかにも、キクラゲ、煮干し、干しエビなどが鉄を多く含みます。
意外なところではピュアココアが“14.0mg”の鉄分を含みますが、これもやはり100g中に含まれる量。カップ一杯のココアドリンクに含まれるピュアココアは5g程度でしょうから、鉄分は0.7mg程度です。残念ながら「ココアだけ飲んでいれば大丈夫」とはならないようです。

鉄分を摂取するうえで知っておきたいこと

鉄には、レバーなど動物性食品に含まれる“ヘム鉄”と、海藻など植物性食品に含まれる“非ヘム鉄”があります。鉄はもともと体への吸収率が悪いのですが、非ヘム鉄は特に吸収されにくいようです。ヘム鉄の吸収率が“15~25%”であるのに対し、非ヘム鉄の吸収率は“2~5%”と、大きく吸収率がおちます。
しかし、“非ヘム鉄”の吸収を助ける物質も存在します。“ビタミンC”や“動物性タンパク質”が非ヘム鉄の吸収を助けますので、海藻や豆類から鉄を摂る際には意識したいところ。

逆に鉄の吸収を阻害するものもあり、コーヒー、紅茶、緑茶、赤ワインなどに含まれる“タンニン”が有名です。食事の際は、一緒に摂らないように気をつけたいですね。接種の間隔を三十分程度のあければ、影響は小さいようです。

食事から鉄を補給するうえでは心配はないのですが、サプリメントなどで補給している場合は、過剰摂取の可能性も出てきます。過剰な鉄は体の各所に蓄積され、血管をはじめ、肝臓、すい臓など様々な臓器にダメージを与えます。長期間続くと、血管疾患や肝硬変、糖尿病につながるリスクも高まります。
やはりサプリメント等に頼るのではなく、自然な形での摂取を心がけたいですね。

鉄分補給“ひじきの煮付”のレシピ

鉄分豊富な“ひじき”と“油あげ”を、これまた鉄分豊富な“煮干し”のダシで煮付けます。味付けは、薄口醤油を使ってアッサリと。シンプルでいて、毎日でも食べ飽きない副菜です。常備菜として、冷蔵庫に備えておいてはいかがでしょうか。

■材料
・乾燥ひじき:20g
・油あげ:1枚(約40g)

<ダシ>
・水:600cc
・煮干し:15g
・昆布:1片(ハガキ大)

<調味料>
・酒:小さじ2
・みりん:小さじ2
・砂糖:小さじ2
・塩:ひとつまみ
・薄口醤油:大さじ2

■作り方
1. ダシの材料をボウルに入れ、冷蔵庫で6時間程度おいて水出しする。充分にダシが出たら、煮干と昆布は除く。
2. ひじきをたっぷりの水につけ、30分ほどもどす。砂が付いている場合があるので、もどし終わったら砂を落とすようにして水からあげる。
3. 油あげは熱湯をかけまわし油抜きして、幅5mm程度の短冊に切る。
4. 鍋を火にかけ、ごま油(分量外)をしき、ひじきを軽く炒める。
油あげを加えひと混ぜし、ダシを加える。
5. 一煮立ちしたら調味料を加え、弱火で煮る。たまにかき混ぜるが、混ぜすぎるとひじきが崩れるので注意。
6. 10~15分程度煮て、鍋底に煮汁が少し残る状態になったら完成。

一番シンプルなレシピを紹介しましたが、もちろん、戻した干しシイタケや、短冊に切ったニンジン、大豆の水煮などを加えても、美味しくいただけます。バリエーションを、お楽しみください。

ダシは水出しにしました。煮干しのアタマとワタは、外さなくても大丈夫です。火を入れないので苦味やエグ味は出ません。
時間がないときは、火にかけてダシをとってもかまいません。その際は、煮干しのアタマとワタを外してください。水から弱火にかけゆっくりと加熱し、沸騰直前で火を止めて昆布と煮干しを除きます。

このレシピで作ったひじきの煮付は、約15mgの鉄分を含みます。これは、成人男性に推奨される、2日分の鉄分量に相当します。常備菜として食卓に加えて、鉄分補給に役立ててください。
ビタミンCを含む食品や、肉類をメニューに加えれば、鉄の吸収効率もアップします。バランスの良い食事を、心がけたいですね。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「よっぷぃ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧