6匹の猫たち挑む「障害物チャレンジ」、みんなで通るとどうなるか

access_time create folder生活・趣味
6匹の猫たち挑む「障害物チャレンジ」、みんなで通るとどうなるか

今月上旬からTik Tokを中心に急速に伝播しております「Cats obstacles challenges」。猫の行く先に障害物をそこかしこに配し、その見事な足さばきを賞賛する猫褒め祭りの一種でありますが、猫ならば誰もがこなせるのかどうか気になるところを検証した動画がありましたので、不要不急の情報としてご覧いただくことにいたしましょう。


化粧品や調味料のボトルがランダムに並べられた障害物ロードに挑む痛快なりゆきチャレンジャーは、Lingling、Mingming、Langlang、Maui、Liam、Shadowの6匹。谷隊長の「よくぞ生き残った我が精鋭たちよ」という労いの声を脳内に響かせながら、まずは1匹ずつジブラルタル海峡の橋を渡るがごとく慎重に歩みを進めていきます。
結果は大方の予想通り、ジャンプで一気に駆け抜けようとしたLanglangが3本倒した以外は、みなパーフェクトに一つの障害物も倒さずに通過していったのでありました。最後はみんなまとめて一斉に、障害物みんなで渡れば怖くない戦法でまとめてクリアを狙いますが、横に動くものがいると集中力が削がれるようで、障害物の接触数は著しく増加。悪魔の館で敵に遭遇して壁にぶつかる人の心境との類似性が示唆される次第です。
[Cats obstacle course-My 6 cats try obstacles challenge!/YouTube]

関連記事リンク(外部サイト)

NYの路上の猫から飼い猫へ、片耳垂れ猫ビフォーアフター
4年連続4回目となる『建築知識』猫特集、今年のテーマは猫DIY
足らぬ足らぬぞ撫で撫で足らぬ、立ち去る飼い主呼び止める猫

access_time create folder生活・趣味
local_offer
猫ジャーナル

猫ジャーナル

すべての猫と、 猫を愛するすべての人に、 猫についての情報をお届けします。

ウェブサイト: https://nekojournal.net/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧