25年経過したスパイダーマンの缶詰パスタを開けてみたら中はこうなってました 気が弱い人は閲覧注意で

access_time create folderエンタメ

「缶詰は腐敗しない」と言われますが、本当にそうなんでしょうか。

https://twitter.com/DinosaurDracula/status/1250901290944692229

ニューヨーク在住のとあるTwitterユーザーが、スパイダーマンが描かれた1995年製の缶詰パスタを開けてみました。ワインじゃありませんが、25年物という代物です。

https://twitter.com/DinosaurDracula/status/1250901624756809730

25年の月日が経過し、錆び付いたChef Boyardeeブランドの缶を開けていきます。

https://twitter.com/DinosaurDracula/status/1250901794580037632

腐敗したのかなんなのかよくわかりませんが、中のパスタはご覧の通り。元の姿が全く想像できないものへと変貌を遂げていました。

https://twitter.com/DinosaurDracula/status/1250901996850360330

中身を取り出してみると・・・黒糖の塊みたいです。

https://twitter.com/DinosaurDracula/status/1250902346231689218

パスタの残骸をよく見てみると、缶のラベルに描かれているスパイダーマンの形をしたパスタがかろうじて確認できます。

Vintage 1996 Chef Boyardee Spiderman Pasta Commercial(YouTube)
https://youtu.be/NUuwPZK-BVY

当時のテレビCMを見れば中身がどういうものだったか一目でわかります。スパイダーマンの形をしたパスタは本当に入っていたんですね。

缶詰とはいえ、25年間も保存するのは多少無理があったようです。

※画像:Twitterより
https://twitter.com/DinosaurDracula/status/1250901290944692229 [リンク]

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧