「伊右衛門」発売以来最大のリニューアル!淹れたてのような緑茶を楽しもう

access_time create folder生活・趣味


サントリー緑茶「伊右衛門」は、創業200年以上の歴史をもつ、京都の老舗茶舗「福寿園」の茶匠が厳選した茶葉を使用した本格緑茶。2004年の発売以来、幅広い層から人気を集めている。

そんな「伊右衛門」が“淹れたてのような緑茶”を楽しめるペットボトル緑茶を目指し、発売以来最大のリニューアル!新しい味とパッケージになって、4月14日(火)より全国で発売される。

淹れたてのような香り・旨み・渋み

今回リニューアルした「伊右衛門」には、香り成分や旨味が豊富と言われる一番茶を「伊右衛門」本体史上最大の比率で使用しているのが特徴だ。さらに、そのよさを最大限に活かした焙煎技術と抽出方法で、淹れたてのような“豊かな香り・旨み”と“雑味のない穏やかな渋み”を両立させている。

さらに「サントリー」独自の技術で実現した、緑茶本来の鮮やかな緑の水色(すいしょく)にも注目だ。

鮮やかな緑を体感できるパッケージ

そんな鮮やかな緑の水色を体感できるよう、パッケージもボトルを覆う面積が少ないロールラベルに一新!


600ml・525mlのタイプでは、ラベルをめくると、ラベル裏やボトル中央部に「招き猫」や「七福神」など縁起の良い絵柄がお目見え。ユニークな仕掛けをぜひ試してみて。


容量/価格は、280mlペットボトル/115円、350mlペットボトル/120円、500mlペットボトル/140円、2Lペットボトル/350円(いずれも税別)など、展開場所に合わせて幅広く用意する。

ますますおいしくなった「伊右衛門」をこの機会に手に取ってみよう!

access_time create folder生活・趣味

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧