NILKLY – 〈Rock is “Dead”Born〉を掲げるダーク&ポップユニット、待望の1stアルバムがリリース決定!

access_time create folderエンタメ
NILKLY – 〈Rock is “Dead”Born〉を掲げるダーク&ポップユニット、待望の1stアルバムがリリース決定!

(left to right)蒼山ユーリ、平澤芽衣、伊吹咲蘭、平山・ジェニシー・未知留、小林潤

5人で1人のシンガーが唄っているイメージ

──アルバムが発売されるということで、メンバー間では最近どんな話をしていますか。

平澤芽衣(以下、芽衣):NILKLYでアニメを作ったら、っていう話を…。

伊吹咲蘭(以下、咲蘭):戦闘のやつ!

芽衣まず、めいちゃんが後ろで腕を組んで見てます。

小林潤(以下、潤):私はスナイパーで後方援護。

咲蘭私がブーメランとヨーヨーを持って戦います。ユーリはトランプです。

蒼山ユーリ(以下、ユーリ):刀だよ。

咲蘭ジェニは素手で殺します。

平山・ジェニシー・未知瑠(以下、ジェニシー):アーッて言いながら殺します。

──これはヒーロー物?

芽衣ダークヒーロー。

咲蘭NILKLYの魅力の話をしてたらここに辿り着きました。

──どんなところがダークヒーローっぽいんでしょうか。

咲蘭パフォーマンス、振り付け…。

曲調。

ジェニシー顔。

ユーリ:闇に紛れているから…。

咲蘭ユーリとジェニシーが加入してから悪役感が増しました。

芽衣5人になった瞬間に「あ、ダークヒーローだな」ってなった。

ユーリ:私たちが闇堕ちさせました。

咲蘭2人が加入する前の3人では、どういうイメージだったんだろうね?

ジェニシー私は加入前にNILKLYを見た時、妖精さんだと思った。

芽衣咲蘭(同時に)妖精さん!?

ジェニシー3人のデビュー・ライブ(2019年5月)に行かせてもらったんですけど、(静かな)「Night is Yours」が印象的で、ここに入るのか、妖精さんになるんだ〜、って。そしたらかなり違った。

──その時には加入が決まっていなかったんですか。

ジェニシー3(オーディションを受けたら)ダンスを入れられる身体づくりをしてから入ろうってことになって、私も「入りたいから筋トレしてまーす」って言って。

ディレクター・田中紘治(以下、田中):ジェニ保留でNILKLYがデビューしたのは5月。で、8月にジェニと会ったら見た目がシュッとしてた。

ジェニシー36キロ痩せました。

芽衣偉いよジェニ〜。

咲蘭そのおかげで1カ月で10曲も覚えて。

芽衣めっちゃやったよね。

咲蘭私たちを選んだ決め手が知りたいです。

田中全体の話で言うと、声質を揃えたのはある。

芽衣揃えたんですか?

田中うん。ユニゾンになった時に一本のぶっとい声がドンとくるようにと言うか。グループ・アイドルは声も唄い方もバラバラの子たちでバラエティ豊かなのが魅力ではあるんだけど、NILKLYは5人で1人のシンガーが唄ってるような印象にしたかった。個性がかけ離れてるわけじゃないから、なおさら他の子と差をつける努力が必要、っていう課題もあるし。

芽衣なるほど。

アルバムを機に新章を始めたい

──アルバムに向けて新曲が増えてきましたね。

芽衣最近の曲のほうがメンバー全員でやってる感がある。「Fact or Fable」とか「Hash up」とか、「HOTEL」ぐらいから五天王みたいな。

咲蘭確かに、5人で始まった感がすごいある!

──新曲の歌割について、芽衣さんが泣いたとか?

芽衣そう。「Hash up」が、その、めいちゃん以外の歌割が多くて、それが嬉しくて。その歌割で振り入れした時にNILKLYは5人がエースだなと思えたのが嬉しかった。最初リーダーとして始めたので(現在はリーダー制をやめている)、歌割が多かったのが続いてプレッシャーで。っていうのをみんなに話してたんですよ。もっとみんなで、誰かのグループじゃなくて、全員が出てるグループになりたかったから。ちょうどそれを思ってたら「Hash up」の歌割が届いて嬉しくて、それで田中さんと話しました。

田中渋谷のホテル街で。

芽衣ホテル街の焼肉屋で。

咲蘭語弊がありますよ?

──そんなアルバムですが、どんな人に聴いてほしいですか。

咲蘭知り合いのおじちゃん、60代後半の人にシングルの「Odyssey」を聴かせたら「この曲は売れる」って言ってた。

ジェニシー年配の方が言うなら間違いないわ。

芽衣私の3倍以上生きてるんだ。そりゃ世間のことを知ってるわ。

ユーリ:年の功だよ。

咲蘭ろうなく。

芽衣老若なんの。

ユーリ:にゃんの。

咲蘭…に聴いてもらえる素晴らしいアルバムになるのでは。

芽衣TikTokで「Odyssey」の銃声とか楽しく使ってほしい。

咲蘭やっと5人の仲間が揃ったところなので、アルバムを機に新章を始めたい。

芽衣序章? いま。

ユーリ:プロローグ。

ジェニシー仲間を見つけて。

芽衣さあ行くぞ?

咲蘭ここから私たちの物語が始まる。

ユーリ:俺たちの戦いはこれからだ。

咲蘭そう、これからだ。

ユーリ:いや、打ち切りエンドにはしたくないよ。

芽衣夏は弾けたいね。

咲蘭みんなにNILKLYのアルバムを聴いてもらって。

ユーリ:世界を黒くする。

──潤さんはおとなしいですね。

意識し過ぎて喋れなくなっちゃった。

咲蘭好きに喋っていいよ。カットしてくれるからカバディも言っていい。

マ?

ユーリ:マ?もカットしてもらえるから大丈夫。

田中さんは、マ?が嫌いなんだよー。

ユーリ:田中さんはぴえんも嫌いだよ。

カバディ…。

ユーリ:ネットの言葉をやたら使うな、と。

咲蘭ワロタ。

天皇即位不可欠。

ユーリ:なりたいって思ってなれる?

咲蘭なれないよ。

配信で完璧な70点、ライブで最高の0点を

──パフォーマンスの方向性について聞かせてください。無観客のパフォーマンス配信にも力を入れていきたいとのことですが。

芽衣私は普段のライブから横浜アリーナを想定してる。本当に(ライブ中に錯覚が)見えたことがあるの!

咲蘭配信だと画面越しにも伝わる覇気?殺気?感じ取ってもらいたいよね。

ユーリ:コンテンツになろう。

画面から突き抜けていくには、勢いだけじゃなくて綺麗じゃないと。視覚的に。普段のライブとは違う綺麗さとか表情、揃ってる感じを磨かないと。

ユーリ:ライブハウスとは違うベクトルを考えないといけない。

芽衣すぐにレスポンスが返ってこないことに耐えるメンタルをしているか。お客さんの声に助けられるからね。画面越しに伝えようと思ったらいつもの熱量じゃ伝わらないもんね。それをお客さんのいない状態でやらなければいけない。

咲蘭倍の熱量を出していかないと。

芽衣倍だよ。

田中70点が打てなきゃいけないんだ、配信だと。

芽衣咲蘭70点!?

芽衣100点はダメってことですか?

田中点数なんて言い方だけどさ、みんなが言う熱量とか100点って出し切ってるわけじゃん。なんか、オラア! みたいな。70点を狙うってことは、初めて見た人でもスッと入ってくるパフォーマンス。

芽衣なるほど、怖いですもんね。(初めて見るアイドルが)すごい形相で唄って踊ってたら。

田中それは好きになって初めて入っていけるゾーンだから。

芽衣ちゃんと綺麗に見せることに専念と言うか。

田中それでいて満足させたい。70点といっても手を抜くんじゃなく、完璧な70点を打たないといけない。通りすがりに見てもらうリリイベやプロモーションの時はそう。

咲蘭完璧な70点…。

田中そうすると今度はライブの価値が高まるのよ。会場でしか味わえない本気って言うか。そこのバランスは大事にしたい。配信とかで完璧な70点、ライブで最高の0点を取りに行くみたいな。

芽衣最高の0点ってかっこいい。

咲蘭配信に備えていかないとね。

芽衣イブ(咲蘭)ちゃん暴れるもんね、表情が。

咲蘭内なるゴリラが出てきちゃうから…。

ジェニシーアルバムのイベント(リリイベ)とかやったことないから楽しみ。わからないことたくさんあるけど、みんなを見て頑張ろう。

──最後に、NILKLYを知らない方に向けてキャッチコピーを考えてみましょう。

ユーリ:深淵から這い出し…、屍。

ジェニシー70点0点。

漆黒の覇者。

芽衣神とかがいい。

咲蘭頭悪そうだな、覇者とか神とか。

バンバンジー・シンパシー・チンパンジー。

咲蘭韻踏んでるじゃん!

芽衣なんか付け足そうよ。終わり良ければすべて良しっていうじゃん。

ユーリ:バンバンジー・シンパシー・チンパンジー・終わり良ければすべて良しー。

一同:おー!(拍手)

関連記事リンク(外部サイト)

「ゲラゲラポーのうた」でキング・クリームソーダのZZROCK担当・生沢佑一、再始動後の初ライブ動画を無料公開!
誌面版ルーフトップを休刊します
第7回 スケープゴート(身代わり、生贄の意)

access_time create folderエンタメ
local_offer
Rooftop

Rooftop

LOFT PROJECT発、エンターテイメント・メディア Rooftop! 古今東西南北、ポップカルチャー最前線。"Rooftop"!古今東西南北、ポップカルチャー最前線。鮮度の高いニュースを毎日更新、キレとコクのあるインタビュー&コラム満載!

ウェブサイト: https://rooftop.cc/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧