ピコ太郎が「PPAP-2020-」に込めた想いがエモい

access_time create folderエンタメ
ピコ太郎が「PPAP-2020-」に込めた想いがエモい

 千葉県出身のシンガーソングライタ ー・ピコ太郎さんが、2016年に大ヒットした「PPAP」の2020年バージョン「PPAP-2020-」を、自身の公式YouTubeチャンネルに投稿。「PPAP」に込めた想いが「エモい」※と話題になっています。 ※エモい=emotional(情緒的な/感動的な)を略した俗語。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ピコ太郎さんの「PPAP」と言えば、欧米のニュースメディア「TIME」や「BBC」、「CNN」などに取り上げられたり、ジャスティン・ビーバーが自身のTwitterで紹介したりして、爆発的に大ヒット。動画の再生回数は1億3000万を超えています。

 そんな「PPAP」の2020年バージョンが4月5日、ピコ太郎さんの公式YouTubeチャンネルで公開。今回は、新型コロナウイルスの影響もあり、ペンやパイナップル、アップルなどは持たず、石鹸で手を綺麗に洗う動画となっています。

 ピコ太郎さんは、「ピコ太郎から全世界に向けて……スマイルとSafe handsを求めて急遽作りました!」とメッセージを送り、「洗え!笑え!守れ!さあ、みんなでWash!Wash!Wash!」と、世界中のファンに呼びかけています。

 そして、動画の最後には「Pray for People And Peace」(人々と平和のために祈る)と、2020年の「PPAP」に込めたメッセージを発信しています。商品の買い占めや転売、デマの拡散や自粛要請など、暗くて嫌なニュースばかり流れて、心がすさんでしまいそうになりますが、ピコ太郎さんのこの言葉は、そんな心も洗い流してくれるかのようです。

 この動画の再生回数は、すでに50万回を超えており、コメント欄には「影響力のある人が行動を起こすことは必要」「予想以上にPPAPの意味がエモかった」「みんな頑張ってコロナに勝とう!」など、多くのコメントが寄せられています。

<出典・引用>
ピコ太郎さん公式YouTubeチャンネル「-PIKOTARO OFFICIAL CHANNEL-公式ピコ太郎歌唱ビデオチャンネル」
※画像はピコ太郎さんの公式YouTubeチャンネルのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)

関連記事リンク(外部サイト)

映画「トップガン マーヴェリック」公開延期 アメリカは12月も日本公開は未定
バカリズム原案・脚本ドラマ「住住」が復活 新メンバーはバナナマン日村と水川あさみ
20年ぶりの新作 映画「がんばれいわ!!ロボコン」7月公開決定

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧