「時間停止モノかと思った」「魂が持ってかれる感覚」 全身麻酔体験マンガがさながらタイムリープ感覚で「わかる」多数

access_time create folder生活・趣味

「全身麻酔」というと、経験したことのない人はなんとなく怖いイメージを持っているのではないでしょうか。

趣味でイラストを描いているというSayaさん(@EndowSaya)が、10年前に形成外科にかかる怪我の手術で全身麻酔をした時の経験をマンガにしてTwitterに公開。約41000のRTと140000以上の「いいね」を集めて話題となっています。

ずっと前に全身麻酔した時の不思議体験
こんな感覚の方多いんじゃないかなと

麻酔を入れはじめて、「そっか~どんな感じで眠くなるんだろう」と思っていたSayaさんですが、看護師さんにトントンされて「終わりましたよ~」と言われてびっくり。「えっ?今からはじめるんでしょ?」「ジョーク?ツッコミ待ちなの?」となりますが、喉がすごく痛くて声が出せず、言いたいことがあるのにツッコめず……。麻酔が抜けきれずにまた眠ってしまったとのこと。

「わかる」「気づくと終わっていて時間停止モノかと思った」「魂が持ってかれる感覚」という反応のほかに、麻酔が切れて悶絶したエピソードなどが寄せられていたこのマンガ。Sayaさんは「かなりたくさんの方が全身麻酔を経験していることに驚きました。中には自分の時はここが違ったとか、ちょっと笑ってしまうようなエピソードも聞けて興味深かったです。これからは健康でいて頂きたいです」とコメントしてくれました。

この全身麻酔の体験談には「一度でいいから体験したい」という声まで上がっていましたが、やはり手術をせずに済むに越したことはないのではないでしょうか。くれぐれもご自愛を!

※画像はTwitterより
https://twitter.com/EndowSaya/status/1246522173340049410 [リンク]

access_time create folder生活・趣味

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧