ヴァージン・オービット、大分空港を宇宙港に選定。2022年に運用予定

access_time create folderデジタル・IT
ヴァージン・オービット、大分空港を宇宙港に選定。2022年に運用予定

ヴァージン・オービットは4月2日、ANAホールディングスとスペースポートジャパンと協力し、九州の大分空港を「宇宙港(スペースポート)」として選定したことを発表しました。

2019年6月に航空会社ANAの親会社であるANAホールディングスと日本やアジアにおける打ち上げサービスのための輸送支援、航空機や地上支援機材の整備もしくは調達などの協力の締結や、打ち上げ場所の選定について一般社団法人スペースポートジャパンとの協力を発表していました。

ヴァージン・オービットの計画している「LauncherOne」は、ボーイング747-400機の左翼の下に人工衛星を搭載した小型ロケットを吊り下げ、離陸後に空から打ち上げを実施するという「水平型打ち上げ」を採用。実現すれば地上の天候に左右されない柔軟な打ち上げが可能となります。しかし、現状ではLauncherOneの空中切り離しテスト段階にとどまっており、軌道投入などの実績はありません。本来であれば、2020年初頭に軌道打ち上げを計画していましたが、新型コロナウイルスの影響を受け延期となっています。

また、大分空港が選定された理由としては、3000メートルの長い滑走路があること、数社の航空会社による国内便や、製造業の基盤も整っていることが挙げられています。今後、ヴァージン・オービットは大分県と共同で技術調査や整備を行い、2021年後半にテスト飛行を実施する予定で、早ければ2022年に打ち上げ運用が実現するかもしれません。

 

Image: ヴァージン・オービット
Source: spacenews.com / 大分合同新聞

関連記事リンク(外部サイト)

こうのとり8号機、打ち上げを25日に再設定。ソユーズに接近する可能性のため
新しい宇宙ビジネス誕生の瞬間を目撃しよう!19日14時より最終選考会のライブ配信を開始
NASAのSLSロケット発射台、テストに向け射場へ移動

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧