Zoomの脆弱性が明らかに WindowsでもMacでも危ない

access_time create folderデジタル・IT
Zoomの脆弱性が明らかに WindowsでもMacでも危ない

にわかに注目を集めるビデオ会議アプリZoomですが、急に人気を得たからこそセキュリティ的に大丈夫なのかということにも気を配らなければいけません。研究者が精査したところ、ZoomのアプリにはWindowsとMacの両方のコンピュータが侵害される恐れのある脆弱性があることが分かりました。
まずHacker Fantasticの2人の研究者が、Windows版でクレデンシャルを盗める脆弱性を発見しました。その次には元NSAハッカーのPatrick Wardle氏が、Macへマルウェアをインストールできる脆弱性を発見しました。他にも、Macでウェブカメラやマイクを乗っ取れるバグもあったといいます。
Zoomがこれらの問題を認識して修正に取り組んでいるのかは現在不明ですが、Zoomのアプリは現在こういった研究者の精査にかけられている状況です。ちょうど先週にはZoomアプリがFacebookへデータを送信していることも明らかになり、これについては修正パッチがリリースされました。Zoomは、ユーザーデータの販売はしていないとしています。
この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【CES2019】ソニー、カップホルダー付きアウトドアスピーカーを発表
サムスン、脳で操るテレビを研究中
耳を塞がないヘッドホンが54%引きの1.48万円! +Styleのセールがかなりお買い得

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Ubergizmo japan

Ubergizmo japan

Ubergizmo Japanは、ガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテインメント製品などを対象とした最新トレンドニュースと、消費者目線の製品レビュー記事を特徴としたテクノロジーメディアです。

ウェブサイト: https://jp.ubergizmo.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧