盲目ライターの旅日記!知られざる『清水寺』のバリアフリールートを大公開【京都】

access_time create folder生活・趣味

清水寺の「車椅子境内参拝ルート」とは?


世界遺産の碑

年間500万人以上の人が訪れるという清水寺は、1994年(平成6年)12月、「古都京都の文化財」としてUNESCOの世界遺産に認定されています。つまり、京都の宝、日本の宝の域を超え、世界の宝なのです。一目見たいと、地球上に住む誰もが思うのは当然です。

しかし、山手にあるため、その勾配のきつさ、階段の多さは半端有りません。高齢者や障害者にはまさしく、名実ともに少々高き場所の名刹という印象は否めないでしょう。

ですが、清水寺は2011年(平成23年)1月、国土交通省の『バリアフリー化推進功労者表彰』を受けています。山の中腹にある以上、境内の傾斜は避けられませんが、舗装されたスロープで要所要所を繋ぐ事で、車椅子でも一周出来る「車椅子境内参拝ルート」が確立されているのです。

そのルートを記した「車椅子境内参拝マップ」は、HPからダウンロード可能。また、有料エリアへのゲートとなる『轟門(とどろきもん)』でももらえます。因みに、障害者手帳を提示すると、本人プラス、介助者1名は拝観無料となります。詳しくは、清水寺の公式ホームページをご参照ください。

清水寺の車椅子参拝ルートは千手観音の精神を映し出す道

さてさて、このマップを見るとよく分かるのですが、清水寺のバリアフリールートは、『奥の院』周辺の「南苑」と、『成就院(じょうじゅいん)』周辺の「北苑」を結ぶいわゆる外周道路を主軸に整備したものとなっています。道中には『仁王門』も『音羽の滝(おとわのたき)』も含まれ、お守りの授与所や茶店も点在しているではありませんか!!

つまり、裏ルートどころか、主には昔からあるメイン順路で、誰もが歩いていた道を整備しただけなのです。特に音羽の滝と仁王門の間は、清水寺を訪れる大半の参拝者が通ります。ただ、障害者や高齢者と歩かないと、その快適さや優しさを感じる事が難しいのではないでしょうか!?

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer
TABIZINE

TABIZINE

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにし、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。覗き込めば、世界地図を拡げた時のワクワクがあるような、はたまた旅する非日常を感じ旅へ向かわずにはいられなくなるような、そんな夢見心地にするパワーがあるメディアでありたいと思っています。人生は一瞬一瞬が心の旅。皆さんが何にもとらわれることなく、自由で冒険に満ちた毎日になるような情報をお届けします。

ウェブサイト: http://tabizine.jp

TwitterID: tabizine_jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧