愛甲猛氏に元ベイ小杉陽太氏も異議あり!・・・廣岡達朗氏の「鳥谷論」が波紋

access_time create folderエンタメ
愛甲猛氏に元ベイ小杉陽太氏も異議あり!・・・廣岡達朗氏の「鳥谷論」が波紋

[プロ野球開幕キャンペーン中!DAZN for docomoへ入会した方の中から、抽選で10,000ポイントが当たるキャンペーンを実施中!]

 猛虎のレジェンド・鳥谷敬内野手の新天地が千葉ロッテマリーンズに決まりました。単年契約で、年俸は1軍最低保障額の1600万円。阪神一筋16年、球界屈指のショートとして活躍してきましたが、昨年8月下旬に球団から事実上の戦力外通告を受け、他球団での現役続行を目指してきました。
「また来年も鳥谷が見られる」「千葉まで応援に行くよ」と猛虎党からも温かい声が注がれています。

 しかし、燃え尽きるまで現役にこだわった鳥谷選手にもの申す男がいました。早稲田大学の遊撃手としては鳥谷選手の大先輩となる球界の大御所・廣岡達朗さんです。88歳になった今でも舌鋒鋭いご意見番として君臨。かつてはヤクルトや西武を日本一に導いた名将のコラムが3月20日、「週刊ベースボールONLINE」でアップされると、瞬く間に反響が広がりました。
 タイトルは「鳥谷が1600万円で二軍コーチ契約を交わしていたら、私は賛成していた」というもの。現役に固執のではなく、阪神の若手を指導するべきではないのか…という、一理ある内容だったのですが、歯に衣着せぬ物言いには異論反論オブジェクションが噴出。ネット上では野球ファンの間でちょっとした「騒ぎ」になりました。
 中でも、かつて廣岡さんがロッテのGM時代に選手だった「球界の野良犬」愛甲猛さんのツイートには、5000を超える「いいね」が集まるなど、多くの賛同が寄せられました。
 「普通言うか 鳥谷言ってやれ!『アンタなんか先輩と思ってねぇって』」
 コワモテなイメージの愛甲さんですが、今でも社会人野球のクラブチーム「東京メッツ」でコーチを務め、評論でも選手の目線に立った的確な指摘には定評があるなど、「後輩思い」なアニキ分でもあります。ロッテ選手時代の廣岡さんとの確執は有名だけに一言、書かずにはいられなかったのでしょう。
・今すぐ読みたい→
阪神・藤浪投手の勇気ある行動にダルビッシュも称賛「もし自分だったら・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shintarofujinami-courageous-behavior/

 そして、愛甲さんをしのぐ凄いツイートを投稿したのが元DeNA投手の小杉陽太さんです。現在は実業家として活躍している34歳は自身のツイッターに当該記事を引用し、こう綴ったのでした。
 「幻想を見てるのはこの方かもしれない。正解だったかどうかなんて誰にも分かりません。そもそも廣岡さんって誰ですか?」
 現役時代は日本プロ野球史に残るショートストップ、監督としては日本一3度、野球殿堂入りも果たしているスーパーレジェンドに対してなかなかの物言いですが、こちらにも400以上の「いいね」が寄せられています。
 いずれにせよ現役選手である以上、プロ野球選手は結果が全て。新天地・マリンスタジアムで攻守に光り輝く鳥谷選手の姿を今シーズン、まぶたに焼き付けたいものです。
[プロ野球開幕キャンペーン中!DAZN for docomoへ入会した方の中から、抽選で10,000ポイントが当たるキャンペーンを実施中!]
※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。
[文/構成:ココカラネクスト編集部]
・今すぐ読みたい→
阪神・藤浪投手の勇気ある行動にダルビッシュも称賛「もし自分だったら・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shintarofujinami-courageous-behavior/

関連記事リンク(外部サイト)

実は、ヤクルトOB戦に呼ばれなかったあの名将の嘆き「私を誰だと…」
実名報道を望んだ阪神・藤浪投手に厳しい指摘「美談ではなく危機管理意識の低さ」
阪神・藤浪投手の勇気ある行動にダルビッシュも称賛「もし自分だったら・・・」

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧