体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タブレットの常識を覆す超軽量249gを実現!Xi、ワンセグにも対応した「MEDIAS TAB UL N-08D」を写真と動画でチェック【レポート】

タブレットの常識を覆す超軽量249gを実現!Xi、ワンセグにも対応した「MEDIAS TAB UL N-08D」を写真と動画でチェック【レポート】


スマートフォンが大きくなった!そんな印象のN-08Dは買いだ!
既報の通り、28日にNTTドコモが発表した「2012年秋モデル」の2機種のタブレット端末のうち、NEC製の「MEDIAS TAB UL N-08D」(以下、N-08D)が、東京有楽町をはじめとする全国のスマートフォンラウンジで先行展示されています。

N-08Dは、7インチディスプレイを搭載するタブレット端末で1.5GHz デュアルコアCPU(MSM8960)を搭載、Android 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS )、16GBのストレージ、1GBのRAM、3100mAhのバッテリなど搭載しており、最大の特長は重量が約249gという超軽量ボディという点。厚みも最薄部が約7.9mmと片手で扱えるサイズ感だ。

外観デザインも「MEDIAS ES N-05D」や「MEDIAS X N-07D」を髣髴とさせる角を丸くしたデザインとなっており、スマートフォンのMEDIASがそのまま大きくなったような印象を受ける。

今回は、開発機である展示機を写真と動画で紹介する。

120829_n08d_02_960

本体正面(左)と本体背面(右)

120829_n08d_03_960

本体を縦状態に見たときの左側面(上)と右側面(下)

120829_n08d_04_960

本体を縦状態に見たときの上部側面(上)と下部側面(下)
本体サイズは、高さ約199mm×幅約114mm×厚さ約7.9mm(最厚部 約 9.9mm)、ディスプレイは約7.0インチのWXGA(横800ドット×縦1280ドット)TFT液晶、バッテリ容量は3100mAhとなる。また、本体カラーは「Sillky White」の1色展開。

本体の左側面はSIMカードスロット、卓上ホルダー(充電台)の接点、ストラップホール、右側面にmicroSDカードスロットとmicroUSB端子を備える。

本体上部側面には、3.5mmイヤホンジャック、電源(スリープ)ボタン、上下キー(音量ボタン)を備え、本体下部側面には端子類などは搭載されていない。

120829_n08d_05_960

背面のメインカメラ
本体背面に搭載されているメインカメラは、有効画素数約810万画素のCMOSカメラを、本体正面上部に搭載されているインカメラは有効画素数約200万画素のCMOSカメラを搭載している。

120829_n08d_06_960

SMT-i9100(左)とN-08D(右)

120829_n08d_07_960

SMT-i9100との厚さ比較
2011年3月に発売されたKDDIおよび沖縄セルラー向けの7インチタブレット端末「SMT-i9100」(サムスン電子製)とサイズを比較してみた。SMT-i9100は7インチタブレットとしては割りと初期に発売されたもので、重量も約480gと持った際にはインパクトのあるズッシリ感が特長的でもある。

正面から見た際はどちらもそれほどサイズの差は感じられないものの、重ねて厚みを比べるとそのサイズの違いが一目瞭然だ。カタログスペック上の重量も約半分のN-08Dは軽いと感じることはあっても、重いと感じることはほぼないと言ってよいだろう。

120829_n08d_08_960

GALAXY Note SC-05D(左)、N-08D(中央)、Optimus Vu L-06D(右)
ドコモ向け端末とも比較してみた。サムスン電子製の5.3インチディスプレイ搭載の「GALAXY Note SC-05D」(以下、SC-05D)とLGエレクトロニクス製の5.0インチディスプレイ搭載の「Optimus Vu L-06D」(以下、L-06D)と並べてみた。

1 2次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。