ホンダが『バーチャルモーターサイクルショー』をWEBで公開開始!

access_time create folder生活・趣味
ホンダが『バーチャルモーターサイクルショー』をWEBで公開開始!


昨今の状況を鑑みて出展予定内容をインターネットで全公開

もはや説明する必要がないほど全世界的に猛威を振るい続けている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。大型屋内イベントは軒並み感染拡大を予防するため中止となり、3月20~22日開催予定だった第36回大阪モーターサイクルショー、3月27~29日に予定されていた第47東京モーターサイクルショーともに開催を中止。この時世では仕方がない話だが、毎年恒例となっていたバイク界最大の展示会だけに、中止の知らせにガッカリした人もいたのではないだろうか。
そこでホンダは、モーターサイクルショーでお披露目するはずだった展示内容をそっくり再現し、そのようすを3月27日(金)からWEB上で“バーチャルモーターサイクルショー”として配信を開始した。またその舞台となった会場は報道関係者を招いて公開、タンデムスタイルもお邪魔してみたので、内容をレポートしていくぞ。

HONDAバーチャルモーターサイクルショー 特設ステージ

会場には東京モーターサイクルショーで展示予定だったブースをそっくり再現。その特設ステージではホンダモーターサイクルジャパン・加藤千明社長のプレスカンファレンスが冒頭に行なわれ、“質的な進化と量的な創造”をテーマとしたホンダの取り組みや展開をアピール。それに関連して、4月6日からスタートさせるレンタルバイク事業“HondaGO BIKE RENTAL”と過去の名車VFR750R(RC30)”リフレッシュプラン”についても解説した。

“HondaGO BIKE RENTAL”とは?

HONDAバーチャルモーターサイクルショー 特設ステージでHondaGO BIKE RENTALを解説
ホンダの二輪市場活性化プロジェクト“HondaGO”の一環として4月6日からスタートするバイクレンタル事業。二輪免許保持者のうち二輪保有者は約60%という状況を踏まえ、バイクに触れる機会を創出したいとの思いからスタートした。6月末までに同サービス取り扱い店舗を全国250店舗を予定していて、50㏄から大型二輪まで、2時間以内から2泊3日を想定した55時間プランなど、各種ブランも用意されるとのことだ。現在は申し込みは下記ウェブサイトから受け付けているので、ブランや適合車種、取り扱い店舗などは以下を参照いただきたい。
HondaGO BIKE RENTAL公式サイト

“リフレッシュプラン”とは?

HONDAバーチャルモーターサイクルショー 特設ステージでVFR750R(RC30)のリフレッシュプランもアピール

ホンダは過去に生産され、多数の純正パーツが廃番化したNSR250RやCB750FOURの純正パーツ復刻にも取り組んでいるが、このたび1987年登場のVFR750R(RC30)のリフレッシュプランを6月からスタートさせる予定だ。新たに設立する“モーターサイクルリフレッシュセンター”で車両を預け、同社の熟練整備士がベストコンディションに仕上げという内容。価格・メニューはまだ未定だが、全車種とまでは言わないが、より多くの車種にも適合を期待したい!
Honda モーターサイクルリフレッシュプラン

CB-F CONCEPT

CB-F CONCEPT CB-F CONCEPT

CB-F CONCEPT
今回の目玉は世界初公開となった“CB-F CONCEPT”だ。次期CBを求める声が以前から多く寄られてきたことを受けてコンセプトモデルを製作。各CBオーナーミーティングでも展示される予定だ。おそらくCB1000Rベースと思われるが、詳細に関しては4月24日発売タンデムスタイルで解説予定。

スーパーカブ110・スペシャルver.

スーパーカブ110・スペシャルver.
スーパーカブ110・スペシャルver.
そしてもう一つの注目株は参考出展時に“スーパーカブ110・スペシャルver.”と題されていた1台。これはアニメ映画”天気の子”に登場したピンク色のカブと同色を採用するスーパーカブ110の特別仕様車で、こちらは先に紹介した“HondaGO BIKE RENTAL”のレンタル車両として用意されるとのこと。全国で映画同様にピンクカブを走られることができちゃうぞ!

レブルコラボグッズ展開

レブルコラボグッズ レブルコラボグッズ

レブルコラボグッズ
また本誌としてとくに取り上げたいのがレブルとのコラボグッズ展開だ。アーバンライナーとして広く支持されているレブルシリーズのアクティブさや自由さをイメージしたライディングジャケット(右)とレインジャケット(左)を展示。いずれもストリートシーンに自然に溶け込みつつ、しっかり肩やヒジにはプロテクターを採用する本格派だ。またニューエラ製をベースとしたキャップも展示されていた。

Dream Networkブース

HONDA Dream Networkブース HONDA Dream Networkブース

HONDA Dream Networkブース
“Dream Networkブース”は基本的にバイクとギア類をセットにした展示内容。CRF1100アフリカツインやCB1000R、CBR250RR、CBR1000RR-Rファイヤーブレードも合わせやすいウエアやヘルメットと一緒に展示されていた。

CT125・ハンターカブ展示

HONDAバーチャルモーターサイクルショー CT125・ハンターカブ展示

市販が決定したばかりのCT125・ハンターカブも2色が展示。ちなみにイグニッションオン(エンジンは不動)の状態で置かれていたのでウインカー操作も確認できた。モーターサイクルショーでの展示と同じく関係者もまたがれた。

CB650Rカスタムモデル

HONDAバーチャルモーターサイクルショー CB650Rをベースにしたカスタムモデル

CB650Rをベースにしたカスタムモデルも展示されていた。マフラーやステップなどをモリワキにするほか、カスタムシートなどを導入してストリートファイターというかカフェレーサーのテイストを強調。こちらもバイクをイメージに合わせたヘルメットやジャケットといったグッズ類とセットに展示されていた。

各種新型モデルの展示

HONDAバーチャルモーターサイクルショーで展示された新型モデル
HONDAバーチャルモーターサイクルショーで展示されたCBシリーズ新型モデル
HONDAバーチャルモーターサイクルショーで展示されたレブル新型モデル
HONDAバーチャルモーターサイクルショーで展示されたADV150
HONDAバーチャルモーターサイクルショーで展示されたCBRシリーズ新型モデル
HONDAバーチャルモーターサイクルショーで展示されたアフリカツインシリーズ新型モデル
ブース内には新型モデルをズラリを展示。フルモデルチェンジされたCBR1000RR-R FIREBALDEやCRF1100Lアフリカツイン、CBシリーズ、CBRシリーズ、レブルやAVD150などのストリートモデルなどが用意されていた。

レーシングマシン展示



各種レースシーンでも活躍したレーシングマシンも紹介されていて、MotoGPのM・マルケス選手のチャンピオンマシンRC213Vやダカールラリー優勝者のR・ブラベック選手のCRF450ラリー、またオン・オフの全日本参戦車両も展示。

もちろんこの方々も

HONDAバーチャルモーターサイクルショー 受付のコンパニオンさん
おっと、忘れてはいけないのがモーターサイクルショーを彩るコンパニオンのみなさん。ホンダブースの受付さんもこの日、キチンといらっしゃっていたのだ。
なお、これらの情報は随時“Hondaバーチャルモーターサイクルショー”でも情報が更新・紹介される予定とのこと。すでにブース内容の紹介ムービーが掲載されているが、今後の更新にもご期待あれ!
HONDA バーチャルモーターサイクルショー特設ページ

CONTACT

問い合わせ先
Honda お客さま相談センター
電話番号
0120-086819
URL
https://www.honda.co.jp/motor

紹介したコンテンツに関して、問い合わせをする際は「タンデムスタイルの記事を見た」とお口添えいただけますと、我々はもっと面白い記事を作ることができるようになります!

関連記事リンク(外部サイト)

バイクの操作性とタウンユースの柔軟性を追求!アルパインスターズの新作シューズが登場
二輪免許取得を考えている人に見てほしい!まもなく開始“KTM免許サポートキャンペーン”
“R-TECH”の汎用のハンドガードでオフロードやストリート系バイクをCOOLにカスタム

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧