渋谷がクロワッサン最前線に?! ゴントラン シェリエ 東京 オープン

access_time create folder生活・趣味
ゴンントラン シェリエ

2012年8月28日(水)に渋谷宮益坂下交差点そばに日本初出店の仏ブランジェリー、ゴントラン シェリエ 東京がグランドオープンした。ゴントラン・シェリエ氏とは何者なのだろうか?

同氏は、伝統的な製法を代々伝えるパン・菓子職人(ブーランジェ・パティシエ)の4代目として、1978年に生まれる。21歳より、アルページェ、ルカ・カールトンなど三ツ星レストランで修行。その後は、ロシア、ルーマニア、モロッコ、香港、イタリアなどのさまざまな土地を旅し、フランスパンを伝える伝道師となる。26歳にはパリに戻り、レシピ本の出版や数多くのテレビ番組に出演し、スターシェフの一人となる。2010年に、1号店であるパリ18区モンマルトルにゴントラン・シェリエ・ブランジェリーを開店。その後にパリ市内にもう1店、シンガポールに1店を展開しているとのことだ。

今回、そのグランドオープンにて食す幸運に恵まれたので、話題のクロワッサンをはじめとするパンを頂いた。

・クロワッサン(180円)
香ばしいバターの風味が鼻を躍らせる。表面の焦がされたバターは壊れそうなガラス細工をおもわせるような見た目に、何層にも「カリカリ」感を留めたかのような繊細さがある。壊れないように、ゆっくりとかぶりつく。「サクサク」というハーモニーを奏で、バターの風味とともに口のなかで自然に甘みが広がる。おいしすぎると言って過言ではない。できれば、出来上がりを狙って、店内のイートインで食するのがベストだと思わせる。

・フォカッチャフレッシュ野菜(480円)
焦げ目が表面についているが、野菜はフルーティーさをもっており、いかにもフレッシュであることをトマトが強調している。食べてみると、トマトの甘さがとてもフルーツ感があって印象的。野菜の下にはペースト状のトマトが塗られており、ハーブがより野菜とのメリハリ感を生み出す。アンチョビクリームの塩味が隠し味のごとく、素材の甘みへの引き立て役になっている。これもお勧めできる。

他にも、イカスミバゲット、モンブランなどパンだけでなく、ケーキもあるので、行ってみる価値はあるのでは。

ゴントラン シェリエ 東京
GONTRAN CHERRIER TOKYO
ゴントラン シェリエ 東京 ホームページ

ゴントラン シェリエ パリ ホームページ
http://www.gontrancherrierboulanger.com/index.php?lang=jp[リンク]

東京都渋谷区渋谷1-14-11 BCサロン1-2F
1階 ブーランジェリー&カフェ / 7:30〜21:00
TEL:03-6418-9581
2階 ブレッド&ワイン カフェテリア / 11:00〜23:00
TEL:03-6418-9582

※写真は左上より時計まわりで「クロワッサン」、「フォカッチャフレッシュ野菜」、「カフェに用意された水。さりげなくレモンが入っている」、「店舗正面」

access_time create folder生活・趣味
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧