制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

access_time create folderゲーム

意気揚々とダンジョン攻略へとやってきた、最強の戦士「ドラゴンナイト」。あらゆる武器の扱いに慣れた彼の手にかかれば、どんなダンジョンもお茶の子さいさい!

……のはずだったのだが。
制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

その日、やってきたダンジョンは身の気よだつ恐怖の「武器喰いダンジョン」
入口に近づくと間もなく、持っていた最強装備はダンジョンに”喰われてしまった”。
制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

さらに、離れゆく装備の後を追いかけようとしたドラゴンナイトは、お約束の落とし穴にハマって奈落の底へダイブ!
制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

かくして、その先で出会った番人「エーアイ」と共にダンジョンに挑むことになったドラゴンナイト。奪われた武器を取り戻し、この最凶ダンジョン攻略を成し遂げられるのだろうか?
制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

そんなストーリーと共に始まる『Square Weapons Dungeon』は、以前、当もぐらゲームスの「TOKYO SANDBOX 2019」のレポートでデモ版をピックアップした、個人ゲーム開発者の飛竜翔氏(WINGLAY)制作によるローグライクアクションゲームだ。その後、2019年9月に製品版がリリースされたので、あらためてご紹介する。

底なし・制限時間ありのローグライクアクション

内容はローグライクスタイルの横スクロールアクションゲームとなる。武器を喰ってしまう恐怖のダンジョンを舞台に、主人公のドラゴンナイトとなって、奪われた装備の奪還を目指すのが主な目的だ。
制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

基本的にはローグライクのお約束に則り、階層に設置された青いワープポイントを目指し、次の階層へと進むことの繰り返しで進む。もちろん、各階層にはドラゴンナイトの探索を阻む敵も登場。ダンジョン内で手に入れた武器で攻撃を仕掛け、倒していく形になる。倒すと経験値が手に入って、一定量に達すればレベルアップして強くなるのもローグライクのお約束に準拠。体力がゼロになって力尽きればレベルが1にリセットされ、装備していた武器も全消失してロビーへと戻されてしまうペナルティも健在だ。

ただ、やられても途中経過は自動でセーブされない。セーブはロビーにある「武器庫」から出る時に限って行われるので、やられる前の記録が残っていれば、以前の進捗を復活させて再開可能だ。この点はローグライクとしては緩めの設定になっている。
制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

さらに探索中はいつでもロビーに戻れる。厳密には次の階層へ繋がるワープポイントで、「ロビーへ戻る」を選択すればいい。こうすることでレベルは維持され、ダンジョン内で手に入れた武器も持ち帰れ、「武器庫」に入ればそのまま保管される。

なので、探索と帰還を状況に応じて判断し、進めていくのが基本のプレイスタイルになる。全体的に手軽い感じの仕上がりだ。階層ごとのマップも地形や敵配置が完全に自動生成されるのではなく、あらかじめ用意された数100種類のマップの中から選ばれる、シャッフル方式であるのもまた、攻略面の手軽さとハードルの低さを際立たせている。
制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

ただ、特徴的な要素も少々。まず制限時間。階層では時間がカウントされていくようになっており、ゼロになるとその時点でゲームオーバーになってしまう。なので、じっくり隈なく探索しようとすれば、それが命取りに。

一応、階層突破の度に30秒が加算されるので、素早く進めば余裕が生まれるのだが、探索をスルーすると逆に武器が集まらない。敵も倒すのを無視すれば、ドラゴンナイト自身が貧弱なまま最深部へと突撃することになる。
制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

加えて、一部階層にはボスも登場。当然、勝つまで離脱不能だ。また、戦闘中にも時間は経過。つまり、強化や探索を重点的に行えば、今度はボスを倒せず、もしくは倒しても時間切れという名の悲劇に見舞われるのだ。

なので、常にどのような姿勢で階層を進んでいくかが試される構成になっている。システムとしては普遍的なものだが、ローグライクとしてはありそうでなかった手ごわさが描かれており、独特のプレイ感を演出している。
制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

剣、槍、斧の3カテゴリ用意された「武器」も特徴的な要素のひとつ。基本、宝箱を開けて回収するのだが、手に入れて間もなく装備はできない。装備するにはロビーの「武器庫」へ保管し、そこで選択して行う形となるのだ。

つまり、深い階層を目指すなら強い武器を選ぶのが重要となる。
また、ダンジョン内では手に入れた武器が再度手に入ることも多々あるのだが、この手に入れた武器の本数が多いと、元々の攻撃力に本数分が加算。沢山手に入れれば入れるほど、強力な武器へと強化できるのだ。よって、集めるだけ集めることもプレイヤーを有利にする、一風変わった攻略法が実践可能になっている。
制限時間付き無限&シャッフルダンジョンでの武器集め奮闘劇『Square Weapons Dungeon』

1 2 3次のページ
access_time create folderゲーム
もぐらゲームス

もぐらゲームス

もぐらゲームスは、ゲームプレイヤーとゲームクリエイターのためのWEBサイトです。 フリーゲーム、インディゲーム、アナログゲームを中心に、個人クリエイターや小規模なクリエイター集団が制作したゲームの紹介や、インタビューを行っています。

ウェブサイト: http://www.moguragames.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧