IDC:Covid-19パンデミックの影響による、半導体市場の大幅縮小を警告

access_time create folderデジタル・IT

IT専門調査会社「IDC」は、Covid-19パンデミック状況下において半導体市場の悲観的な分析を発表し、以前の「全体的な微成長」の予測に対して、大幅な縮小と示唆しました。

「COVID-19が世界の半導体市場に与える影響」という題名のレポートで、IDCは、2020年に市場が感染の混乱状況から回復する可能性はまだ5分の1しかないと報告しています。

IDCによると、半導体分野全体で258億ドルの損失が発生する可能性が高く、その影響は年間に及び、2020年の半導体市場は世界全体で前年比6%の収益損失になる可能性があるとのことです。市場調査員は「システムとコンポーネントの可用性の需要はしばらくの期間最低に落ち込みますが、製造が制御されると徐々に回復し始めるでしょう。」と述べています。

2020年1月のBISリサーチレポートによると、2019年に94億ドルと評価された世界のIoTチップ市場は、IoTベースのデバイスの採用率の上昇とIoTセンサーのコストの低下によって、2029年までCAGR (年平均成長率)15.8%で増加していくと予測されていました。

Gartnerの速報によると、2019年の世界の半導体市場の売上高は11.9%減少し、4,183億ドルに達したとのことです。また、そのレポートでは、Intelが、2017年と2018年にトップの地位を占めたSamsung Electronicsを破り、世界最大の半導体ベンダーとしての地位を2019年に取り戻したと報告していました。

(画像引用:https://www.idc.com/)

Copyright © 2020 iedge All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

【IoTマスターへの道 vol.26】IKEAトロードフリ編vol.3_3mの天井高くね?近所の工具屋でハシゴを借りる。
アレクサとスピーカーで何ができるの?オススメのスピーカーも紹介
Googleがコネクテッドリングのスペシャリストである新興企業Ouraに多額投資

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
iedge

iedge

最新IOTテクノロジーを用いた防犯セキュリティーシステムや家電設備を搭載したスマートホーム(スマートハウス)情報をお届け。まだ日本では未発表のアプリやデバイス/ガジェットも全公開します。

ウェブサイト: https://www.iedge.tech/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧