ワンウェブ、34衛星を同時打ち上げ 衛星ブロードバンド構築へ

access_time create folderデジタル・IT
ワンウェブ、34衛星を同時打ち上げ 衛星ブロードバンド構築へ

ワンウェブは3月21日、34機の衛星の打ち上げを実施しました。これらは、同社の衛星ブロードバンド計画を構成する一部となります。
カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から「ソユーズ」ロケットで打ち上げられた34機の人工衛星は、打ち上げから3時間45分後に予定軌道に投入されました。今後、衛星は高度1200kmへと移動します。
ワンウェブは2019年2月に6機と34機の衛星を投入しており、今回が3回目の打ち上げとなります。そして650機の初期衛星を打ち上げることで、世界中に衛星ブロードバンドを提供しようとしているのです。
すべてが計画通りに進めば、最初のサービスのデモは2020年末に提供されます。また、商用サービスは2021年末に実施される予定です。
このような衛星コンステレーションによるブロードバンドサービスを計画している企業としては、スペースXやアマゾンがあります。一方で、多数の衛星が定期道に打ち上げられることによる天体観測への影響も心配されているのです。
 
Image: Roscosmos via OneWeb
Source: Space.com
文/塚本直樹

関連記事リンク(外部サイト)

スペースX社、ファルコン9の打ち上げをさらに延期 日本時間23日朝に
無人ソユーズ宇宙船が地球に帰還。人型ロボット搭載
「アトラスV」ロケット、米偵察衛星「NROL-42」打ち上げ成功

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧