居酒屋のサワー「樽ハイ倶楽部」を自宅で楽しめる缶入り「レモンサワー」「大人のサワー」が発売! 居酒屋グルメと合わせてみたら超絶美味だった

access_time create folderグルメ

居酒屋でおなじみの人気ドリンク「レモンサワー」や定番の「プレーンサワー」。昨今、なかなか出歩けず居酒屋の味が恋しい筆者のような方も多いのでは。アサヒビールから、そんな居酒屋で35年の歴史を誇る定番サワー「樽ハイ倶楽部」の味がそのまま缶入りRTDになった「樽ハイ倶楽部レモンサワー」「樽ハイ倶楽部大人のサワー」が3月31日より登場。編集部に届いたので、さっそく飲んでみました。

「樽ハイ倶楽部レモンサワー」「樽ハイ倶楽部大人のサワー」を飲んでみた!

「樽ハイ倶楽部レモンサワー」「樽ハイ倶楽部大人のサワー」を飲んでみます。パッケージによると「居酒屋で“超”人気」とのこと。まずは「樽ハイ倶楽部レモンサワー」から開けてみましょう。

「ぷしっ」と缶を開けて……。

ぷっはー! うまさに思わず笑みこぼれるガジェット通信、宮原編集主幹。「たしかに居酒屋の味わいだね」とコメント。

プレーンサワーの「樽ハイ倶楽部大人のサワー」もゴクリ。うまい!

「確かに居酒屋の味! でも、“居酒屋で超人気”は大げさじゃない?」と、いぶかし気な宮原編集主幹。

筆者もグラスに注いで一口。

たしかに、居酒屋の味な気がしてきますが……。あれ、でも居酒屋の味ってどんなだっけ?

居酒屋がご無沙汰の編集部スタッフ。居酒屋を訪れて検証してみることに。

居酒屋メニューとペアリング! 「樽ハイ倶楽部レモンサワー」×ニラレバ炒め・生姜焼きは絶品

編集部スタッフがやってきたのは、「樽ハイ倶楽部」を提供している蒲田の“つけ麺大王 蒲田東口店”。つけ麺以外にも一品料理で町中華が堪能できます。

メニュー中からニラレバ炒め・生姜焼きをオーダー。

なお、このお店では樽ハイレモンを何杯飲んでも「250円」のキャンペーン中。

ニラレバ炒め・生姜焼きと「樽ハイ倶楽部」のレモンサワープレーンサワーを一緒に合わせてみる編集部スタッフ。

パクッ! ムシャムシャ。シャキシャキ。

やはりお店で飲むサワーは絶品! 美味しい料理との相性が抜群なことも、お店で美味しい理由のひとつなんですね。炒め物と「樽ハイ倶楽部」プレーンサワーの組み合わせは絶品。シャキシャキのもやしの甘みとコッテリお肉。お酒に合わないはずはない取り合わせです。

生姜焼きは、大盛でドカンと登場。お肉が一口サイズで、お酒と飲み食いしやすい印象。

濃い目の味付けは「樽ハイ倶楽部」レモンサワーとの相性抜群。肉汁の濃厚な香りが脳天突き抜ける旨さです。

「樽ハイ倶楽部大人のサワー」とお刺身を合わせると? とろける旨さに舌鼓み

蒲田にある“居酒屋 富士”を訪れた編集部スタッフは、「樽ハイ倶楽部」プレーンサワーをお刺身と合わせていただきます。

中トロ、生タコ、こはだ、ホタテ。お刺身がドドーン! 豪華な盛り合わせです。

お刺身をワサビ醤油につけて……。

いざ食しましょう。

そして、お酒もゴクリ。サッパリとした味わいで、お刺身もお酒も進む~!

最高のひとときが味わえます。

さて「樽ハイ倶楽部レモンサワー」「樽ハイ倶楽部大人のサワー」ですが、美味しいお料理なしでも、お酒は居酒屋で飲むのと同じ味わいそのまま。なので……

検証結果:
「樽ハイ倶楽部レモンサワー」「樽ハイ倶楽部大人のサワー」は間違いなく居酒屋の味わいでした! 周りのお客さんも注文していて、まさに居酒屋で超人気!

お刺身やニラレバ炒め、生姜焼きといった家庭でも取り入れやすい居酒屋グルメとの相性は最高。「樽ハイ倶楽部レモンサワー」「樽ハイ倶楽部大人のサワー」で、ご自宅でも居酒屋気分を楽しんでみてはいかが。「樽ハイ倶楽部レモンサワー」「樽ハイ倶楽部大人のサワー」は3月31日より発売です。

樽ハイ倶楽部
https://www.asahibeer.co.jp/taruhai/

店舗情報

「つけ麺大王」蒲田東口店
住所:大田区蒲田5-19-17

「居酒屋 富士」
住所:大田区蒲田5-16-9

製品詳細情報

商品名:樽ハイ倶楽部レモンサワー、樽ハイ倶楽部大人のサワー
品目:リキュール(発泡性)①
容量:缶350ml・缶500ml
アルコール分:8%
発売日:2020年3月31日(火)
発売地域:全国
希望小売価格:缶350ml:141円、缶500ml:191円 *消費税抜き

写真撮影:オサダコウジ

※この記事は、東京都による夜間の外出自粛要請の発表以前に取材・撮影を行いました

  1. HOME
  2. グルメ
  3. 居酒屋のサワー「樽ハイ倶楽部」を自宅で楽しめる缶入り「レモンサワー」「大人のサワー」が発売! 居酒屋グルメと合わせてみたら超絶美味だった
access_time create folderグルメ

erini (エリーニ)

漫画描くグルメ記者。バレエを踊ったりします。 食べ合わせを日夜研究中。犬好き。

ウェブサイト: https://linktr.ee/erini

TwitterID: erini_desu

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。