エアバスA400M 新型コロナウイルスに苦しむスペインにマスクを空輸

access_time create folderエンタメ
エアバスA400M 新型コロナウイルスに苦しむスペインにマスクを空輸

 2020年3月中旬以降、新型コロナウイルス感染者が爆発的に増加しているスペイン。特にマスク不足に悩む状況を救おうと、エアバスが2020年3月23日(現地時間)、中国から提供されたマスクを自社のA400M飛行試験機で空輸しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 エアバスは、自社で保有している飛行試験機を使い、中国で余剰となったマスクを感染者が増えているヨーロッパの国々に届けることを決断。中国政府から提供されたマスクを受け取るため、A330-800の飛行試験機を天津へ派遣しました。

 天津の空港で約200万枚のマスクと、人工呼吸器など医療機器を積み込んだA330-800は、エアバスの拠点であるフランスのトゥールーズへ。飛行試験機のため、貨物室だけでなく、シートや内装が取り外された客室内にも物資を詰め込みました。

 トゥールーズに到着すると、フランス国内で使用する分はフランス陸軍に引き渡し、軍のトラックで必要としている場所へ運ばれます。スペインに届ける分は、A400M輸送機の飛行試験機「MSN56」に搭載され、3月23日にスペインでのエアバスの拠点がある、マドリード州のヘタフェ空軍基地へと運ばれました。

 現地時間の19時5分にヘタフェ空軍基地に到着したエアバスのA400M。新型コロナウイルスに対処する「バルミス(Balmis)作戦」を展開するスペイン軍に、空輸してきたマスクを引き渡しました。

 スペイン軍の作戦名である「バルミス」は、19世紀にラテンアメリカで天然痘撲滅に尽力したスペインの医師、フランシスコ・ハビエ・デ・バルミス(1753-1819)の名にちなんだもの。当時猛威を振るった天然痘と戦ったバルミス医師のように、新型コロナウイルスに必ず打ち勝つ、という決意を示しています。

 2020年3月24日現在、スペイン国内での新型コロナウイルス感染者は、累計4万7610名(死者3434名)。うち5367名はすでに回復していますが、今なお2万6960名が入院しています。

 地域別にみると、首都のあるマドリード州が累計1万4597名と最も多いほか、カタルーニャ州が累計9947名と続いています。特にフランスに近い北部で感染者が増加しているようです。

 今回エアバスが空輸したマスクは、ギリギリの状態で新型コロナウイルスと戦っている人々に配布される予定。エアバスでは必要に応じて、今回と同じような支援物資の輸送フライトを計画しているそうです。

<出典・引用>
エアバス プレスリリース
スペイン保健省 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)情報サイト
Image:Airbus/スペイン保健省

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

イタリアを救え!ロシア軍が新型コロナウイルス対策部隊と物資を空輸
新型コロナウイルスと戦うフランス軍の取り組み
インターネット中継衛星OneWeb第3陣34機の打ち上げ成功

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧