ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡、コロナ影響で開発が一時停止

access_time create folderデジタル・IT
ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡、コロナ影響で開発が一時停止

NASAは3月20日、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の開発が新型コロナウイルスの影響で停止していると発表しました。
現在、新型コロナウイルスの影響によって多くのNASA職員がテレワークへと移行しています。そしてカリフォルニアで開発されていたジェイムズ・ウェッブも、その影響を大いに受けることになったのです。
もともと、2021年3月の打ち上げが予定されているジェイムズ・ウェッブですが、今回のパンデミックがなかったとしても、スケジュールどおりに計画が進行する可能性は低いことが指摘されていました。
さらに、今回のパンデミックは火星探査車「マーズ2020」のミッションに影響する可能性もあります。フロリダ州にある同探査車は組み立てが完成しておらず、またその電源も到着していません。マーズ2020は、今年7月の打ち上げが予定されています。
 
Image: NASA/Chris Gunn
Source: Space.com
文/塚本直樹

関連記事リンク(外部サイト)

小惑星探査機「はやぶさ2」、出帆 6年にわたる航海のはじまり
海外顧客からの連続受注へ踏み出せるか? 三菱重工H-IIA、2020年にインマルサット社次世代通信衛星を打ち上げ
ロシア連邦宇宙庁、今年10月までのソユーズ・ロケットの打ち上げ計画を決定

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
sorae

sorae

「sorae(そらえ)」は宇宙開発や天文学を中心にドローンやカメラなど最新ガジェットに関する情報を毎日配信。宇宙を知りたい、空を飛びたい、星空を眺めたいなど、「そら」に対する好奇心を刺激するニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://sorae.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧