ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ステマはなくなるか? Yahoo! JAPANと食べログが業務提携

ステマはなくなるか? Yahoo! JAPANと食べログが業務提携

日本最大のポータルYahoo! JAPANを運営するヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)とランキングと口コミのグルメサイト「食べログ」を運営する株式会社カカクコム(以下、カカクコム)は、ユーザーの利便性とサービスの質の向上、また、両社のパートナーシップによるいっそうのビジネスの拡大を目的とし、業務提携を行うと発表した。

この提携によってYahoo! JAPANは、トップページを始めとしたYahoo! JAPAN内のグルメジャンルに関するコンテンツ類を中心に「食べログ」への誘導を開始することになる。グルメ関連の記事には、食べログで内にある関連したコンテンツへの誘導のためのリンクが盛り込まれるようになるという。

さらに「食べログ」内の情報をYahoo! JAPANの検索結果や「Yahoo!ロコ」内でも表示するようになる。当初はPC版での連携から開始し、スマートフォンでの連携も順次進める予定になっている。

グルメのランキングと口コミ情報において圧倒的No.1を誇る「食べログ」との連携により、Yahoo! JAPANを利用するユーザー及び「Yahoo!ロコ」に加盟している飲食店に新たな付加価値を提供するとともに、グルメ領域情報のさらなる充実とサービスの発展に努めるとしている。

業務提携の具体的な内容は以下の通り。

1.「食べログ」の一部データを活用した、Yahoo!JAPANでの「食べログ」に対するプロモーションの実施(PC版より展開し、順次スマートフォンでの展開を予定)

2.上記プロモーションに起因する「食べログ」の広告収益の配分

3.上記プロモーションに起因する「食べログ」スマートフォン版での有料課金ユーザー獲得に対する収益の配分

4.プロモーション対象ユーザーに対する「食べログ」サイトからのYahoo!JAPAN への戻りリンクの設置

以上が発表の内容だが、リリース内容からは見えてこないが、検索最大手とグルメ口コミ最大手が提携することで、プラスの効果を生み出したいという両社の思惑が見て取れる。例えばYahoo!JAPAN内で、食べログ同様の独自コンテンツを作ったとしても、食べログに追いつき、そして追い越せうかどうかはまったくの未知数だ。それならすでに一番であるモノを持ってきて使ってしまおうという発想である。

これは食べログだけでに限らないが、いわゆる“口コミサイトの弊害”という問題がある。例えば食べログに登録しているユーザー(お店)を狙ったマーケティング業者による有料でのランキング操作や良い口コミを大量に書き込むステルスマーケティングが問題になったことがある。

これは口コミや星取りによるランキング評価が実際のそれとは乖離しているという状態を作ってしまう危険性があった。カカクコムとしては、一部ユーザーに持たれている悪いイメージをYahoo!JAPNとの業務提携によって、払しょくしたいという狙いがあってもおかしくない。もちろんリリースには、そのようなことは、まったく書かれていない。これは筆者の個人的な見解である。

ステマ問題が出てから業者によるステマを可能な限り排除してきた食べログにとっては「あのYahoo!JAPAN」が信用しているんだから、といった食べログに対する信頼度を向上させることができるわけだ。

いっぽうYahoo!JAPANとしては、業界トップの口コミサイトのデータが扱えるわけだ。Webサイトの運営での広告収入が厳しくなってきた現在、こうした業務提携は、今後も増えてくることが予想される。このサービスがきちんと動き出してから、筆者もチェックしたいと思っている、またPCユーザーからどういった反応があるかが楽しみだ。

Yahoo! JAPAN
食べログ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

(http://news.livedoor.com/article/detail/6895015/)
※表示 – 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)

livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。