そしてメンダコは境界線を越える。懐かしの固定画面式STG『事象の地平メンダコ』

access_time create folderゲーム

シューティングゲームは1962年、マサチューセッツ工科大学の学生スティーブ・ラッセル氏が制作した『スペースウォー!』から始まったと言われる。

その頃のシューティングゲームは「固定画面シューティング」と称され、画面がスクロールせず、一画面内で戦闘が展開され、自機も左右以外動けない特徴があった。後にこの形式のシューティングゲームは『スペースインベーダー』という伝説の名作誕生によって大きな注目を集め、以降、同作に影響を受けた作品が続々と誕生していった。

しかし、縦横スクロール形式誕生以降、固定画面式は徐々にその数を減らしていった。昨今も家庭用、インディーで制作される作品ではスクロール式を採用したものが多く、固定画面式はある意味、希少種になっている。
だが、断じて絶滅した訳ではない。元祖たる『スペースインベーダー』はそのスタイルを貫き通した新作を作っているほか、インディーにも『スーパーデストロノートDX』のような露骨すぎる作品が存在している。
そしてメンダコは境界線を越える。懐かしの固定画面式STG『事象の地平メンダコ』

そしてここにもうひとつ、固定画面式を採用したフリーゲームが。
その名も『事象の地平メンダコ』である。

メンダコを操縦し、敵を撃て。理屈はない。

『事象の地平メンダコ』とは、軟体動物門頭足綱八腕類メンダコ科に属するタコの一種「メンダコ」が主人公の固定画面シューティングゲーム。自機のメンダコを操縦し、画面上部から迫り来る敵を単発式のショットで撃退していくという内容だ。

2019年7月26日、Windows PC用フリーゲームとして「ふりーむ!」にて配信された。制作には当もぐらゲームスでもレビューした『VASTYNEX』などと同様、インディーのシューティング作品では定番の開発ツール「Shooting Game Builder」が用いられている。

……と、ゲームの内容紹介前に物申したいことが噴出したと思われる。
なんで自機がメンダコ!?
どうして海洋生物が弾を撃つ!?
どんなストーリーだ!?
何と戦うんだ!?

お答えしよう。理由?そんなものは、ない!
というか、ストーリーなんて存在しない!
このゲームはメンダコを操縦し、敵を倒していくゲームだ。それ以上の意味はない!
なぜ、メンダコを主人公にしたのかは作者のみぞ知るセカイである!

誰がそんな説明で納得すると思っているんだと反論したくなること確実だが、実際、その通りなのだからどうしようもないんじゃいと一言申し、問答無用の斬り捨て御免の姿勢で内容の紹介へと入っていこう。
そしてメンダコは境界線を越える。懐かしの固定画面式STG『事象の地平メンダコ』

ゲームデザイン周りは、固定画面シューティングの定番を踏襲したものになっている。左右にしか動けない自機、単発式のショットがそれに当たる。
特に後者は連射もできないので、ちゃんと自機を敵の位置に合わせ、正確に狙い撃つのが大事。下手な鉄砲数撃てば当たるでは返り討ちに遭う、”らしい”仕上がりだ。
そしてメンダコは境界線を越える。懐かしの固定画面式STG『事象の地平メンダコ』

ただ、本作はそれ以外にも特徴的なアクションが用意されている。
ひとつにチャージショット。ショットボタンを押さないままにしておくと、自機のメンダコにエネルギーゲージが出現する。これが最大に達した際に撃つと、強力なチャージショットを発射。敵に大きなダメージを与えたり、大量の敵を一網打尽にする攻めの一手を決めることができる。
そしてメンダコは境界線を越える。懐かしの固定画面式STG『事象の地平メンダコ』

また、メンダコが放つショットはゲームスタート時に3種類の中からひとつを選び、以降、それをメインにステージ攻略へと挑む形となる。
あとで選ばなかったショットへと変更できる機会はなし。なので、どれを選んだかによって戦い方はもちろん、難易度も相応に変化する仕組み。特にステージ最後に現れるボスを倒すと現れる赤いアイテムを取得することで生じるパワーアップはまさに三者三様。そんな2周目以降のやり込みを楽しくする仕掛けもアクション周りの特徴になっている。
そしてメンダコは境界線を越える。懐かしの固定画面式STG『事象の地平メンダコ』

もうひとつがガードだ。方向キー下を押すとメンダコがシールドを展開し、敵の攻撃を防いでくれる。しかも、キーを押している限り、ずっとそのまま。壊れることもなし。緊急の回避手段としてはこの上ない仕組みだ。
そしてメンダコは境界線を越える。懐かしの固定画面式STG『事象の地平メンダコ』

だが、うまい話に裏あり。防げると言ってもオレンジ色の敵弾だけ。それ以外のレーザー、青や紫の敵弾などの別種類は例えガードしていようが貫通してしまう。あまりに優れた性能から、ずっとガードしているだけでクリアできるヌルいゲームなのかと思ったかもしれないが、断じてそうであらず。そもそも、本作は一度でもゲームオーバーになればその時点でゲーム終了、最初からやり直しの一期一会仕様だ。ミスしてもパワーアップが失われない美点はあれど、クリアとなれば本腰入れねばならないガチのゲームなのだ。メンダコ、決して強くはないのである。だって、タコですから。(?)
そしてメンダコは境界線を越える。懐かしの固定画面式STG『事象の地平メンダコ』

このような2つのアクション、シビアな設定によって、懐かしさと新しさが混在した固定画面シューティングに仕上がっている。
文字通り、手に汗握る駆け引きが全編にわたって繰り広げられる内容だ。

だが、これが本作最大の特徴かと言われれば違う。
一番の特徴は何か。操作性だ。

ゲームパッド要らずの片手操作と膨大なボリューム

1 2次のページ
access_time create folderゲーム
もぐらゲームス

もぐらゲームス

もぐらゲームスは、ゲームプレイヤーとゲームクリエイターのためのWEBサイトです。 フリーゲーム、インディゲーム、アナログゲームを中心に、個人クリエイターや小規模なクリエイター集団が制作したゲームの紹介や、インタビューを行っています。

ウェブサイト: http://www.moguragames.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧