NASA、Junoの捉えた木星南半球の姿を公開! Raw画像はダウンロード可能

access_time create folderデジタル・IT

Image credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Kevin M. Gill, © CC BY2016年7月4日以来、木星の極軌道上から観測を続けるNASAの探査機Junoだが、この2月17日に新たな画像を共有してくれている。

木星の南半球を映し出した画像からは、大気が織りなす縞模様や渦巻が鮮明に確認できる。NASAによる紹介記事のタイトル通り、まさに「Massive Beauty(巨大な美)」といったおもむきだ。

ちなみにこの美しい画像は、市民科学者Kevin M. Gill氏が4枚の画像を合成したもの。元データはNASAにより公開されている。

・データを収集し木星の起源を解明

Junoは木星の重力やガスなどを測定し、データを集めている。これにより、この巨大な星がどのようにして形成されたのかや、その構成について解明が進んできた。

NASAによれば、もし木星が形成時にいまの80倍以上の質量があったなら、赤色矮星になっていた可能性があるという。さらには、木星に含まれる物質量は、他の太陽系の天体すべての足し合わせたものの2倍以上になるという。

・JunoCamのLaw画像はダウンロードや加工が可能

Junoは楕円軌道で周回しながら木星の観測にいそしんでいる。今回の画像は、Junoが木星に最接近したした機会にすかさず撮影したもの。そのとき、南緯約50~68度、木星の大気の天井から約4万9500~10万0400km上空にいた。

JunoCamのRaw画像はで、「IMAGE PROCESSING GALLERY」のページからダウンロード可能で、誰もが画像処理できるようになっている。また処理した画像を投稿することも可能で、時間と興味のある方はぜひチャレンジしていただきたい。

参照元:Massive Beauty/ NASA

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧