スマート電球「Philips Hue」に専用ブリッジやスマートホームハブ不要なBluetooth対応製品が発売

access_time create folderデジタル・IT

シグニファイジャパンは3月19日、Philipsのスマート電球「Philips Hue」シリーズの新製品「Hue Bluetooth+Zigbee」を発売しました。スマート電球単体で手軽にデバイスと接続できる製品です。

Hueシリーズは専用の「Hueブリッジ」やZigbee対応のスマートホームハブを介してスマートフォンやスマートスピーカーなどのデバイスと通信する必要がありましたが、Bluetooth対応モデルではスマート電球がデバイスと直接通信が可能に。オン/オフや明るさ・色変更の基本操作に加えて、タイマー機能、スケジュール機能が利用できます。

HueブリッジやZigbee対応のスマートホームハブを組み合わせると、外出時の操作、GPSと連動したジオフェンス機能、ゲーム・映像・音楽とのシンクロといったフル機能が利用可能になります。

800ルーメンで色温度4000K、1600万色対応の「Hue フルカラー シングルランプ Bluetooth+Zigbee」はAmazonでの販売価格が6800円(税込み)。

800ルーメンで色温度4000K、電球色~昼光色に対応の「Hue ホワイトグラデーション シングルランプ Bluetooth+Zigbee」はAmazonでの販売価格が3740円(税込み)。

800ルーメンで色温度2700K、電球色の「Hue ホワイト シングルランプ Bluetooth+Zigbee」はAmazonでの販売価格が2398円(税込み)です。

画像:Philips Hue製品サイトより引用
https://www2.meethue.com/ja-jp

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧