KAWASAKI Ninja ZX-6R:走りの自由度が高いミドルスーパースポーツ

access_time create folder生活・趣味
KAWASAKI Ninja ZX-6R:走りの自由度が高いミドルスーパースポーツ


ストリートがメインフィールドの上質なミドル・スプリンター

写真:関野 温/文:横田和彦

NINJA ZX-6Rのスタイリング




NINJA ZX-6Rのディテール


中央に大型アナログタコメーターをセットした多機能メーターを採用。視認性は高くギヤポジションや燃料計、エンジンパワーやトラコンのモード表示なども明確に見える

左のハンドルスイッチ部にあるボタンの操作によってパワーモード(2種類)やトラコンの介入度(3段階)、オートシフターのオン/オフなどを選ぶことができる

アシスト&スリッパークラッチの採用により、クラッチレバーの操作感は非常に軽い。クラッチレバーとブレーキレバーはライダーの手の大きさにあわせてダイヤルで調整可能だ

ショーワ製の倒立フォークは初期のスムーズな動きと高い安定性を実現。作動性がよいので路面の細かい凹凸をしなやかに吸収してくれる

LEDヘッドライトはロービーム/ハイビーム、ポジションランプともに左右が同時に点灯する方式。広い範囲を照らしてくれるので、ナイトランのときの安心度も高い

美しい曲線を描くエキゾーストパイプは4気筒の証。エンジン下部にチャンバーを装備することでサイレンサーをコンパクトにしている

アクセルを戻さずクラッチレバーをにぎらなくてもシフトアップができ、ロスなく加速できるオートシフターを標準装備。ただしシフトダウン時にはクラッチ操作が必要となる

シートロックによって外れるのはライダー側のシートで、下にはバッテリーやETC車載器が装備されている。そこにあるワイヤーを引くとタンデムシートのロックが外れる

ソフトなスプリングの採用やレバー比の変更などにより、ストリートでの乗り心地を向上。プリロードや伸圧減衰力の調節が可能だ

サーキット専用モデルと同じレイアウトの高剛性アルミ製スイングアームを採用。最終減速比をショートに設定することで、市街地やワインディングでの走りやすさを高めている

SPECIFICATIONS

全長×全幅×全高
2,025×710×1,100mm
軸間距離
1,400mm
シート高
830mm
車両重量
197kg
エンジン型式・排気量
水冷4ストロークDOHC 4バルブ 並列4気筒・636cm3
最高出力
93kW(126㎰)/13,500rpm
最大トルク
70N・m(7.1kgf・m)/11,000rpm
タンク容量
17L
燃費(WMTC)
18.3km/L
タイヤサイズ
F=120/70-17・R=180/55-17
価格
135万3,000円(税10%込)
COLOR VARIATION
メタリックスパークブラック×メタリックフラットスパークブラック・ライムグリーン×エボニー(KRT EDITION)

Ninja ZX-6R 製品ページ

関連記事リンク(外部サイト)

バイク用ドライブレコーダーは導入すべき?クルマ用とどう違う? そんな疑問に答えます!
HONDA CBR650R:レベルを上げたスポーツ性能がストリートで走る楽しさに
SUZUKI SV650X ABS:思い通りに操れる素性に個性的でワイルドなルックス

access_time create folder生活・趣味
local_offer
タンデムスタイル

タンデムスタイル

バイク専門誌『タンデムスタイル』の公式ウェブサイトです。初心者〜中級向けのハウツー記事やバイクの楽しみ方をメインにお届けします。本誌編集部員がバイクをレビューする「インプレッション」や最新情報を発信する「ニュース」、また「バイク用語辞典」やユーザー参加型の「ツーリングフォトグランプリ」など楽しいコンテンツ盛りだくさんです。

ウェブサイト: https://www.tandem-style.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧