京都の新名物?! 二条城近くの海鮮居酒屋で新料理“串おこげ”を食べてみた!

access_time create folderグルメ

どうもどうもライターの丸野裕行です。

僕が住んでいるのは、風光明媚で四季折々の風景が楽しめる古都・京都なのですが、京都にはおいしいものがたくさんあります。

食いだおれの街と言われる大阪よりも絶対においしいものが多いと自信を持っているのですが、最近同じく京都在住の友人が「あそこの“串おこげ”がめっちゃうまいねんか」と言っているのを耳にしました。そんな話を聞いてしまうと、自称・グルメの僕としては、気になりすぎて夜も眠れないわけですよ!

そこで、その謎の“串おこげ”なるものを食べに行ってみました。

二条城近くの三条商店街にある名店

お店の場所は二条城の南側に位置する三条商店街。現在は新型コロナウイルスの影響で国内外の観光客がまばらですが、いつもは観光バスでごった返している場所です。シャッター商店街とは真逆の、地元民に人気の商店街です。

余談ですが、以前子供を遊ばせているときに、ここの通りの中央にある公園でテレビ取材を受けたことを思い出しました。

さて、そんな公園から数十メートル歩くと千本通り側に近いところにありました。 『海鮮 あみたつ』さん!

店構えは、磯丸水産のような魚市場的外観ですが、店内には珍しい新鮮な魚が所狭しと並んでいるのが外からもうかがえます。

入り口の提灯には“串おこげ”の文字。何なんだ、“串おこげ”って……?!

店内にはテーブル席が8席ほど。従業員が少ないために席を減らしているとのこと。だからあっというまに満席です。

本当に魚市場にいるような気持ちになる

にしても、鮮魚の数が多い! 全然見たことのない魚もたくさんあります。

置き場に困ってか、レジの下にまで鮮魚がひしめいています。

メニューも多い! どれから食べていいのか、混乱してしまいますよ、これは!

とりあえず、ビールと痛風誘因食品・あん肝、本日のオススメであるうちわ海老今が旬の寒ブリでいきましょう。

まずはビールとあん肝が到着!

1 2次のページ
access_time create folderグルメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧