ダイエットの味方にも!サンドイッチのおすすめ具材4つ

access_time create folderエンタメ
ダイエットの味方にも!サンドイッチのおすすめ具材4つ

 サンドイッチと聞くと、「高カロリーで太りそう」というイメージを持つ方も多いと思います。しかし、具材を工夫するだけで、必要な栄養素が手軽にとれ、ダイエットの強い味方にもなります。そこで、あすけん栄養士がおすすめするサンドイッチ具材を4つご紹介します。

サンドイッチダイエットにおすすめの具材4つ

スモークサーモン
サーモンに含まれるポリフェノールの一種、アスタキサンチンは、抗酸化作用が高く、脂肪燃焼や肌を構成するコラーゲンの生成を促進する作用があります。また、アスタキサンチンは紫外線による活性酸素の除去にも優れています。

鶏むね肉
脂肪が少なく、高タンパク質の食材。タンパク質が不足しやすいダイエット中には、ヘルシーで高タンパクの鶏むね肉は重宝します。また、アミノ酸が数個結合したアンセリンとカルノシンを含みます。(※1)これらは抗酸化作用が高く、カラダのサビを予防する作用があります。

アボカド
抗酸化作用の高いビタミンEの含有量が多く、果物の中でもビタミンB2が豊富に含まれているのが特徴。ビタミンEは細胞の老化を遅らせる作用があり、美肌作りをサポートしてくれます。
ビタミンB2は脂質代謝を促進する作用があり、ダイエット中は意識して摂りしたいビタミン。皮膚・髪・爪などの細胞の再生に関与し、肌トラブルの改善にも効果的です。

豆サラダ
豆類はイソフラボン・サポニン・レシチンなど美容効果の高い成分が豊富に含まれ、悪玉コレステロール(LDL)を減らす作用があります。
大豆・枝豆・キドニービーンズ・ひよこ豆・レンズ豆・黒豆など、お好みの種類を合わせたサラダを楽しんでみましょう。ドレッシングには、脂肪の燃焼を高めるオリーブオイルがおすすめです。

ヘルシーなサンドイッチにするには、「タンパク質や野菜をたくさん使ったもの」「マヨネーズではなくシンプルなドレッシングを利用したもの」などが安心です。いつものサンドイッチに一工夫をし、必要な栄養素をとり入れてダイエットの味方に付けましょう。

【参考】
(※1) イミダペプチド成分について
出典:大阪市立大学大学院 医学系研究科 疲労医学講座

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
ダイエッター必見!太りにくいサンドイッチの選び方4つ https://cocokara-next.com/food_and_diet/how-to-choose-the-fat-difficult-sandwich/


関連記事リンク(外部サイト)

ダイエッター必見!太りにくいサンドイッチの選び方4つ
弁当女子デビューに♪簡単にできるヘルシー作り置きおかず
高カロリーになりがちなサンドイッチをダイエットメニューに変えるコツ

access_time create folderエンタメ
local_offer
ココカラネクスト

ココカラネクスト

ココロとカラダのコンディショニングマガジン『CoCoKARAnext』(ココカラnext)がお届けする総合情報サイトです。

ウェブサイト: https://cocokara-next.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧