“ひふみん”加藤一二三・九段の面白さを再認識した『音が出たら負け』

access_time create folderエンタメ

“ひふみん”こと元プロ将棋棋士の加藤一二三・九段が、11日放送されたスペシャル番組『音が出たら負け』(日本テレビ系)に出演し、爆笑をさらった。

番組はタイトル通り、50デシベル以上の音が出たら即失格というシンプルなルールのチャレンジバラエティ。ちなみに、この50デシベルという音は、図書館の静けさとほぼ同じなのだとか。

そんなルールのもと、1.5メートル下にあるベルを、周囲にある楽器の隙間を縫って吊り上げたり、ベルトコンベアから流れてくる5つのキッチン道具を、めちゃくちゃ揺れまくるハンガーフックにかけるなど、神経を研ぎ澄ませないとクリアできない超難関ゲームが用意されていた。

今回、出川哲朗や宮下草薙・草薙航基、佐藤栞里、人気YouTuber・フィッシャーズのンダホなど25人の各界著名人が挑んだのだが、一人だけズバ抜けてお年を召していたため、MCであるバナナマン日村勇紀も「なんで呼んだの? ルール分かってるのかな」とツッコミ。だが、そんな指摘など意に介さず、ひふみんは「どうも、どうも。加藤です」と挨拶。さらにこの日、チャレンジャーは彼を含めて全員、番組のタイトルロゴがプリントされたTシャツを着ていたのだが、ひふみんは「あの今日、ちなみにね、Tシャツ着てるんですけど、Tシャツを着たのは、今日が生まれて初めてです」と告白し、出演者を唖然とさせていた。
 
そんな彼のクライマックスはいきなり訪れた。それが、ファーストエリアの最初のトラップである「音地獄チャイムセンサー」。目の前に斜めに張り巡らされている金属製のツリーチャイムの通路を、またいだり、下からすり抜けたりして脱出するゲーム。もちろん軽く触れただけで音が鳴ってしまうし、またいだときの足音でも、50デシベル超えの音が出る危険性が。

ゲーム前に意気込みを聞かれた彼は「ええと、まあね、自信はあるんですけどね」と謎の自信を見せた。だがスタート直後のことだった。一番手前に張られているツリーチャイムをしばらく前かがみになって眺めたあと、左足を一旦あげてツリーをまたぐのかと思いきや、そのまま左足を地面に降ろしてしまったのだ。これで、いきなり50デシベルを超えてしまい、最速で失格。終わりを告げる赤い照明が、むなしく彼を照らす。
 
この“瞬殺劇”にはバナナマンを始め、チャレンジャーも大爆笑。だが、ゲームをやり終えた本人は、特に悔しいといった表情をすることもなく、「相当、自信があったんですけどね。思ったより難しかったですね」と、またしても謎の自信。さらに、アウトになったときの照明について「今、赤いのが出てきたでしょ。あれ、ド迫力ですよね」と“解説”。日村は「そこはいいです」と、退けていた。
 

またあるネットユーザーが

ひふみん今日1笑ったわw

とつぶやいたところ、このあと、ひふみん本人から「いいね」が押されたもよう。

一時期より露出が減ったとはいえ、彼の面白さを再認識した日であった。

画像:番組公式サイトより引用
https://www.ntv.co.jp/otomake/

(執筆者: genkanaketara)

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧