体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Xperia初のXi対応モデル!ドコモスマホ「Xperia GX SO-04D」特集】

【Xperia初のXi対応モデル!ドコモスマホ「Xperia GX SO-04D」特集】


Xperia GX SO-04D特集!
NTTドコモから今月9日(木)に発売開始されたAndroidスマートフォン「Xperia GX SO-04D」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)は、1.5GHz駆動のデュアルコアCPUを搭載し、解像度が1280×720ドットの約4.6インチHD Reality Displayを搭載しています。

RAMが1GB、ROMが16GB、メインカメラが有効画素数約1300万画素の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile”、日本語変換エンジンに最新のPOBox Touch 5.1、Bluetooth3.1に対応、対応するプロファイルはSPP、A2DP、AVRCP、HID、HFP、HSP、OPP、PBAP、PANといった仕様になっています。

また、最大10台までのWi-Fi機器を同時に接続できるテザリング機能、下り最大75MbpsのXiのほか、おサイフケータイにも対応するなどハイスペックなスマートフォンとなっています。

一方で、開発のコンセプトとして、機能はできるだけ抑えて薄型化に努めているため、防水性能、ワンセグ視聴や赤外線通信機能、そしてNOTTVなどは非登載です。本体の薄型化を実現するために余分な機能を削ったと言えますが、それでも必要充分なスペックだと感じるユーザーは多いのではないでしょうか。

Xperiaは数あるスマートフォンの中でもデザイン面で独自の世界観があり、そうした点での支持も非常に高い人気ブランドの製品と言えます。また、今回から本体に表記されているロゴも“Sony Ericsson”から“SONY”に変更された点もポイントです。

そんなXperia GX SO-04Dについて当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でもすでに端末レビューやレポートなどを記事にしていますので、特集としてそれらを一気にまとめて紹介したいと思います。では、早速、見てみてください!

NTTドコモ、Xi対応Android 4.0 ICS搭載スマートフォン「Xperia GX SO-04D」を発表!1.5GHzデュアルコアCPUや4.6インチHD液晶、おサイフ
【Xperia初のXi対応モデル!ドコモスマホ「Xperia GX SO-04D」特集】NTTドコモは16日、今夏に発売する予定の新モデルや新しく開始するサービスなどを発表する「2012年夏モデル 新商品・新サービス発表会」を開催し、高速データ通信規格LTEによるサービス「Xi(クロッシィ)」やおサイフケータイ(Felica)などに対応したAndroid 4.0(開発コード名:IceCream Sandwich;ICS)を採用したスマートフォン「Xperia GX SO-04D」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。発売時期は2012年7月を予定しています。Xperia GX SO-04Dは同時に発表された「Xperia SX SO-05D」とともにソニーモバイル初のXi対応スマートフォンです。また、これまでソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズとして提供してきた「Xperiaシリーズ」ですが、今回からソニーの完全子会社化したソニーモバイルとしての提供となっています。背面のデザインが2011年春モデルとして発売された「Xperia arc SO-01C」と同様に“弧(アーク)”になった曲線になっており、手に馴染む形状になっています。カメラもソニーの裏面照射型CMOS「Exmor R for mobile」技術を採用したF2.4レンズによる1300万画素カメラを搭載しています。

XperiaがXiに対応!おサイフも搭載した美しいデザインのソニーブランドなハイエンドスマートフォン「Xperia GX SO-04D」を写真で紹介【レポート】
【Xperia初のXi対応モデル!ドコモスマホ「Xperia GX SO-04D」特集】既報通り、NTTドコモは16日、今夏に発売する予定の新モデルや新しく開始するサービスなどを発表する「2012年夏モデル 新商品・新サービス発表会」を開催し、おサイフケータイ及びXiに対応したスマートフォン「Xperia GX SO-04D」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が発表されました。発売時期は2012年7月を予定しています。今回は、発表会展示会場にてこのXperia GX SO-04Dの実機がありましたので、写真で紹介したいと思います。

SONYとWALKMANがガッチリタッグを組んだ!ドコモスマートフォン「Xperia GX SO-04D」の音楽機能を試す【レビュー】
【Xperia初のXi対応モデル!ドコモスマホ「Xperia GX SO-04D」特集】本体下部で誇らしげに光る「SONY」ロゴが新しい「Xperia GX SO-04D」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。1.5GHzデュアルコアCPUやHDディスプレイを搭載した本機は、Webページのスクロールの追従性をはじめとする高速レスポンスが素晴らしい。ディスプレイは4.6インチと大型だが、手にした時のフィット感があり“モノ”としての質感は悪くない。今回はそんなXperia GX SO-04Dで今夏からソニーのポータブルミュージックプレイヤーの名前を冠することになった音楽再生機能「WALKMAN」アプリをチェックしてみたいと思う。

1 2 3 4次のページ
livedoor ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。