109シネマズ「原則1席ずつ間隔を空けて販売」座席指定券の先行販売も中止

access_time create folder生活・趣味

東急レクリエーション経営のシネマコンプレックス全国チェーン「109シネマズ」が、公式サイトに座席間隔を空けての販売を案内している。これは新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として実施するという。

■関連記事:TOHOシネマズ、臨時休校中の小中高校生に呼びかけ 「ご鑑賞につきましては、ご遠慮いただく場合がございます」

「109シネマズ」の該当ページでは、

座席間隔を空けての販売について(3/3更新) [2020/03/03]
この度の新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、当面の間、原則1席ずつ間隔を空けて販売させていただきます。
お客様にはご不便、ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の上、ご協力をお願い申し上げます。

【期間】3/6(金)上映分~

 

というアナウンスのほかに、

先売りチケット販売一時中止について(3/2更新) [2020/03/02]
この度の新型コロナウイルスの感染症拡大の状況を鑑み、
3/6(金)上映分より当面の間、座席指定券の先行販売を中止とし、当日分のみの販売とさせていただきます。
ホームページでは上映当日の午前0:00から、劇場窓口は上映当日の開場時間からの販売となります。

【期間】3/6(金)上映分以降 当面の間 

お客様にはご不便、ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。
何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

ともアナウンス。いまだ終息の気配が見えない新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、各シネコンはそれぞれ対策を講じているようだ。

(執筆者: ときたたかし)

access_time create folder生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧