薬機法に抵触する可能性があるものについては削除対象に ウォッカ『スピリタス』多数出品について『メルカリ』に見解を訊いてみた

access_time create folder政治・経済・社会

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、マスクや消毒用アルコールが品薄になり、フリマアプリ『メルカリ』では出品数が増えています。また、海藻のあおさが「新型コロナウイルスでの増殖抑制効果が期待できる」とした中部大学研究チームの発表があった後、高額出品が相次ぐ事態にもなっています。

「詐欺に近い」という意見も!? 中部大学「あおさにヒトコロナウイルス増殖抑制効果を確認」発表で『メルカリ』に高額出品も
https://getnews.jp/archives/2418358 [リンク]

消毒用アルコールの需要急増により、ポーランド産のウォッカ『スピリタス』がアルコール度数96%で「代替品になる」と脚光を浴びて、ネット通販での販売価格が上昇傾向にあります。『メルカリ』でも多数出品されており、「消毒用」と称して出品するケースもありました。

ただ、消毒用エタノールの濃度は76.9%から81.4%と定められており、エタノールと同じ成分のアルコールとして、『スピリタス』など濃度の高い酒類を希釈して発売や出品をした場合、薬機法違反となる可能性があります。

『メルカリ』の広報担当者によると、「マスクや消毒用アルコール等において、禁止出品物に当たらない場合でも、社会情勢を鑑み、取引状況によっては削除等対応をしております」といい、あおさの場合に関しても「たとえば食品表示や、要冷蔵である等の食品関連の禁止項目に該当するようなケースや、薬効表記がある場合にはガイドライン違反の対象となります」といい、同様に削除などの対応をしているとのこと。

『スピリタス』を「消毒用」とうたうことについては、「薬機法に抵触する可能性があるものについて削除対象」とのことなので、出品をする場合はあくまで飲料用とすることが無難で、ハンドメイドで純度の高いアルコールを原料に希釈したものを売ることは控えるべきでしょう。

『メルカリ』は、サービスとして新型コロナウイルス対策を講じる可能性について「現時点で決まっていることはありません」としつつ「今後も状況を鑑み対応を随時検討してまいります」としています。社会的に不安が高まっている中、ユーザーにも自制が求められるのではないでしょうか。

※画像はメルカリより
https://www.mercari.com/jp/ [リンク]

access_time create folder政治・経済・社会

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://parsleymood.net/

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧