“地球外生命体”の支配下、レジスタンスたちの徹底抗戦を描く『囚われた国家』本編映像

access_time create folder映画

“地球外生命体”の支配下、レジスタンスたちの徹底抗戦を描く、ルパート・ワイアット監督(『猿の惑星:創世記』)による近未来SFサスペンス『囚われた国家』 (原題:CAPTIVE STATE)が、4月3日(金) に日本公開。

「ビッグ・リボウスキ」(98)、「オー・ブラザー!」 (00)をはじめ「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」(13)など、コーエン兄弟の作品に多数 出演、アメリカ映画界の名バイプレーヤーとしてはもちろん、名作アニメーション映画「モンスターズ・インク」(2002)の主人公サリーの声を演じるなど一度見たら忘れられないインパクトある風貌と存在感で、幅広い活躍を続けるジョン・グッドマンが、テロリストを追い詰めるシカゴ警察特捜司令官・マリガン役を演じています。

この度、マリガンが危険なテロリストたちが綿密に仕掛ける罠を執念深く解き明かす様子を捉えた、緊迫感溢れた本編シーン映像が解禁!

【動画】“地球外生命体”の支配下、レジスタンスたちの徹底抗戦を描く『囚われた国家』本編映像
https://youtu.be/sAH5C7YOjbQ[リンク]

地球外生命体による侵略から9年後の2027年、シカゴ。制圧されたアメリカ政府は“統治者”と呼ばれるエイリアンの管理下に置かれ、完全支配されていた。その傀儡となったアメリカ政府はシカゴに戒厳令をしき、市内中心部「閉鎖区域」の地下にエイリア ン居住区を建設、彼らの天然資源採掘に協力している。市⺠は体制支持派の富裕層、反体制支持派の貧⺠層に二分されており、政府はドローンによる市⺠監視と密告の奨励、そして“ザ・ローチ”と呼ばれる特捜班が、日々反体制派への圧力を強めていた。

ジョン・グッドマンが演じるのは、反体制勢力を取り締るシカゴ警察特捜司令官・マリガン。反体制派によるテロリスト組織は、ウィッカーパーク事件と呼ばれる過去発生したテロ事件の失敗によって、“ザ・ローチ”によってほぼ壊滅されたと思われていたが、マリガンは独自調査網によって、近々また新たなテロが発生すると考えていた。「テロ組織は潜伏し、新聞広告で連絡をとってる」確信を持って言い切るマリガンに同僚は「根拠は?組織は統治者が制圧した。お前は幽霊を追っているんだ」と、取り合わない。「対処しないとテロが起きる」……執念深くテロリストたちを続けてき彼は、その悪夢を未然に阻止するため、危険を承知で“地下”の協力を仰ごうとする……。

製作・監督・脚本は、大ヒット作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(11)を手掛けた⻤才、ルパート・ワイアット。『アルジェの戦い』(66)、『影の軍隊』(69)を手本に、複雑なテロ計画の連絡〜準備〜決行のプロセスを緻密かつ緊張感たっぷりに描き上げています。また、主要キャラクターそれぞれが主人公ともいえる本作では、ジョン・グッドマンの他にも、行方不明となってしまったレジスタンスのリーダーの兄 “ラファエル”(ジョナサン・メジャース(『荒野の誓い』『ホワイト・ボーイ・リック』)を探し続ける“ガブリエル”役をアシュトン・サンダース(『ムーンライト』『イコライザー2』)が演じるほか、娼館の妖艶な女主人をヴェラ・ファーミガ(『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞助演女優賞ノミネート)が務めるなど、実力派キャスト陣の個性を活かした豪華アンサンブルも見どころです!

地球外生命体の傀儡と化した政府による不都合な事実の隠蔽、メディアを巻き込んだ情報操作など、市⺠の自由権をコントロールしようとするトランプ政権を彷彿とさせ、北米公開時には「【起こり得る未来】への“警告”」(米・WIRED)と評された本作。「囚われた国家」のなかで、権力に従うのか、抗うのか? そして何のために生きるのか? 見る者に根源的な問いを投げかける問題作が誕生。

(C))2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

access_time create folder映画

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧